最近のトラックバック

無料ブログはココログ

酒と美食

酒と美食な日々2015②

酒が好きならそれでよい

  昨晩は最近には珍しく、はしごをしてしまった。

  地下鉄西28丁目駅から歩いて5分ほど。「蕎麦居酒屋じん」である。

  オヤジさんは元教員。料理好き、酒好きが高じて、退職後に店を構えた。昨年の4月まで円山公園駅近くに店があったのだが、テナント料の高騰などで移転していた。移転後、初めてお邪魔した。

 対面式のカウンターだから、話も弾むようになって、良かった。酒蔵との付き合いも深く、珍しい酒も多い。

Ijpg

ついつい、度が過ぎてしまう店である。居心地が、良い。

 

酒と美食な日々2015①

プロの技、プロの味  

 今週はずっと何だか体調がすぐれず、内科に行ったりしていたのだが、特に異常もないようなのだった。しかし、人間ドックで「肺に何か映っている。要再検査」ということを強く言われたので、今日は南三条病院に行ってCTスキャンを受けたのである。

  その結果・・・。何でもなかったのである。うれしくなり、かみさんに電話。「何でもおごってやるぜ!」と大見得を切ったのである。

  そして行ったのが地下鉄琴似駅近くの「はせ川」だ。久しぶりだ。3年ぶりぐらいになるかな。

Jpg_5

Img_4356

Photo

 ここのオヤジの腕はしっかりしている。おでんは初めて食べたが驚くほどに味が染みていて、美味い。桜エビのかき揚げも、油っぽさを一切、感じさせない仕上がり。感嘆いたしました。

  プロの腕が、プロの味を生み出すことがよくわかるお店であった。

続きを読む "酒と美食な日々2015①" »

酒飲む日々2015②

妻のバースデーに

 5日、かみさんの誕生日を祝して、円山のビストロ「SABOT」にてディナーを味わう。おいしい店なので人気も高く、なかなか、うまく予約が取れないこともあり、久しぶりの来店となる。 

 イベリコ豚のサラミゴルゴンゾーラソースサラダ、イシダイのカルパッチョ、百合根とエビのフリット、三元豚とカモのパテ、アナゴとマッシュルームのグリル。どれも、「美味い」と言わせる力強さがある。デキャンタワインも美味しい。それでいて、なかなかにリーズナブルなお値段。これなら人気があるはずだよ、と思いましたね。

Img_3866

Img_3861

酒飲む日々2015①

ざっかけないイタリアンで

  検査入院終了祝いというわけでもないが、かみさんが夕食をつくりたくないというもので、イタリアンを食べに行く。

  札幌市中央区南7条西24丁目の「アグリオ  1979」である。私は、そう、もう15年くらい前に一度入ったと記憶しているが・・・。

  アサリの酒蒸しや海鮮サラダ、ピザなどを頼んだのだが、この店の特徴はボリューム。アサリの酒蒸しは食べでがあった。

Img_3844ピザも食べきれずに持ち帰りました。気の置けない、ざっかけないイタリアンで、ボトルを取ったのに、お勘定もかなりリーズナブルでした。

酒と美食2014

 

 シャンベルタンは美味いぜ

 昨日、札幌市中央区のフレンチ「ル・ジャンティオム」の恒例のワイン会に行ってきた。

 テーマは「ブルゴーニュ」。

 前菜は「十勝産根セロリのムース トマトのクーリソース」。魚は「イサキのポワレ ウイキョウのソース」。肉は「名古屋コーチンのロースト タプナードソース」。名古屋コーチンのうまさに驚かされました。

 ワインもは種類を満喫。特に印象的だったのは「アンリオ・ブリュット・スーヴェラン」という泡と、「ボーヌ・プルミエクリュ・ボーヌ・デュ・シャトー・ブシャール・ペール・エ・フィス」の2010年白。そして、「ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィェィユ・ヴィーニュ・アルマン・ジョフロワ」の2004年赤は秀逸でしたね。美味し!









至福のワイン2014

シャンパンを堪能

 札幌市中央区のフレンチ料理店の月例ワイン会に参加する。

 50回目ということだが、私が参加したのは昨年の4月ごろだったか。
 毎回、テーマを決め、 ワインとフランス料理を味わう。
 1人ぴったり1万円だが、かなりのグレードのワインが出てくるし、
 フレンチの味は保証付き。 リーズナブルなのではないだろうか。
 今月のテーマは「泡」。シャンパンを満喫する試みである。

Wine1

出てきたワインは7種類。「ジャン・ダルブレイ キュヴェ・スペシアル」
「ユレ・フレール・ブリュット・レゼルヴ」
「ジェ・アッシュ・マム・コルドンルージュ」
「クイスチャン・セネ・ブリュット・ロゼ」
「ジャマール カルト・ブランシュ」
「ルイ・ニケーズ・ニケーズ レゼルブ」「ゴッセ ブリュット・エクセレンス」。
泡は心を豊かにする。
これに伴い、ディッシュメニューは海のものが中心になる。

Wine2

「タラバカニのガトー仕立て トマトのクーリソース」

タラバがたっぷりの前菜だ。

Wine3

「ガスパチョに羊蹄メロンを添えて」

生ハムにメロンが官能的。ガスパチョが涼しげ。

Wine4

「海の幸のラヴィオリ添えアメリケーヌソース」。
ハーブを練り込んだラヴィオリが珍しい。
中にはハマグリやホッキ、ホタテと、本当に
「海の幸」がたっぷり。
さらにチーズ盛り合わせとデザート、コーヒーが出る。
真夏の夜の夢のようなメニューであったな。

美食としての現在2014①

やはり「そらまめ」さんです

 最近、かみさんと行く和食といえば、ちょいと家から遠いのだが、西区八軒の「そらまめ」なのである。一昨年あたりから通うようになり、とはいえ、半年に一度くらいの頻度なのだが、ようやく顔を覚えてもらえるようになったのである。

 4日夜に訪れた。ここに来るのは、主に土曜日が多く、いつも家族連れでにぎわっている。ウィークデーは、家族連れもいなくて、ゆったりできるようだ。

 かみさんはここのアン肝が大のお気に入り。確かに、美しい色をした、濃厚なアン肝が楽しめる。この日は岩手沖で獲れたアンコウだという。

1

お造りはアワビ。寿都産だ。小ぶりながら、絶妙の歯応え。これで1000円は安いよなあ。

2

天ぷらの盛り合わせ。コゴミやタランボのほろ苦さは、冬に衰えている胃袋を刺激し、「春だよ。目覚めなさい」と訴えかけてくる。揚げ具合もよろしく、楽しめた。

 残っていた焼酎のボトルを空にして、新たな一升瓶を入れる。それでもお勘定は驚くほどに、安かった。

 近いうちに、また来よう。良い店である。通えば通うほどに、わかってくる。

三国一の美食野郎2013

「シェフズ・チョイス」はジビエです

 札幌市中央区のフランス料理店「ル・ジャンティオム」の月例ワイン会に参加しました。10月以来ですね。

 テーマは、「シェフズ・セレクション」。田舎風パテとフォアグラのテリーヌのサラダ仕立てから始まり、マダイのポワレ、札幌黄のピューレ、アメリケーヌ風、エゾシカのロースト 赤ワインソースと続きました。エゾシカの力強さ、もっと食されるべきなのかもしれませんね。

 ワインは、「ユレフレール・ブリュット・レゼルヴァ」に始まり、ブルゴーニュ、ボルドーの赤白合わせて8種類を味わいました。思えば、ここのワイン会で、シャンパンの味わいを知り、白ワインのオイリーなる風味を知りました。

 1月はお休み。2月からの会が楽しみです。 

Photo

三国一の美食野郎

落語を聴いたら、ここに来よう

 落語三人会を聴いた帰り、札幌市営地下鉄東西線の西十一丁目駅とつながっている居酒屋「おごじょ」に行く。

Ozyogo

 若い夫婦(だと思う)がやっている薩摩料理がメーンのお店なのですが、接客がてきぱきしていて、よろしい。つまみの値段も安く、もちろん極めて美味。ざっかけない魅力漂う店です。焼酎のバリエーションも豊富だし。

 「また、来よう」。そう思わせる店です。

三国一の美食野郎

カリフォルニアも奥深い

 毎月恒例の、フレンチ「ル・シャンテオム」におけるワイン会。今月のテーマは「カリフォルニア」です。

 フランスワインに比べると、どうしても「格落ち」感がありますが、とんでもございません。ふくよかで、奥深い味わいです。それでいて、フランス物に比べると安価なので、好まれる通も多いようです。

Photo

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31