最近のトラックバック

無料ブログはココログ

文化・芸術

三国一の三味線野郎

粋なもんです

すすきのの蕎麦屋さんで、三味線と都々逸の会。お食事つき5000円。柳家紫文師匠の芸を味わいました。お料理もなかなか。更科系のソバもたまには、いいですね。

 三味線の音色はいいですね。ちょっと、やってみたくなる。あと、札幌芸者のぼたんちゃん(写真の白い着物)が可愛らしかった!

2013102219310000

詩と真実2013①

萩原朔太郎

 初めて「詩」なるものに触れたのは、中学2年生のときだった。美術の授業で、萩原朔太郎の詩を読ませて、そこからインスパイアされたものを版画にする、というものだった。

 その時の詩は「郵便局」。以下の詩である。いま、考えるとなかなか難しい散文詩ではないか。葛飾区のダウンタウンの学校としてはレベルが高すぎるぞ。

郵便局:
 
郵便局といふものは、港や停車場やと同じく、人生の遠い旅情を思はすところの、悲しいのすたるぢやの存在である。局員はあわただしげにスタンプを捺し、人人は窓口に群がつてゐる。わけても貧しい女工の群が、日給の貯金通帳を手にしながら、窓口に列をつくつて押し合つてゐる。或る人人は爲替を組み入れ、或る人人は遠國への、かなしい電報を打たうとしてゐる。
 いつも急がしく、あわただしく、群衆によつてもまれてゐる、不思議な物悲しい郵便局よ。私はそこに來て手紙を書き、そこに來て人生の郷愁を見るのが好きだ。田舍の粗野な老婦が居て、側の人にたのみ、手紙の代筆を懇願してゐる。彼女の貧しい村の郷里で、孤獨に暮らしてゐる娘の許へ、秋の袷や襦袢やを、小包で送つたといふ通知である。
 郵便局! 私はその郷愁を見るのが好きだ。生活のさまざまな悲哀を抱きながら、そこの薄暗い壁の隅で、故郷への手紙を書いてる若い女よ! 鉛筆の心も折れ、文字も涙によごれて亂れてゐる。何をこの人生から、若い娘たちが苦しむだらう。我我もまた君等と同じく、絶望のすり切れた靴をはいて、生活(ライフ)の港港を漂泊してゐる。永遠に、永遠に、我我の家なき魂は凍えてゐるのだ。
 郵便局といふものは、港や停車場と同じやうに、人生の遠い旅情を思はすところの、魂の永遠ののすたるぢやだ。

 その後、高校生のころ、中公文庫の「日本の詩歌」シリーズの1冊として朔太郎の巻を購入。その中で出会った「殺せかし!」なる詩のインパクトは大きかった。

殺せかし! 殺せかし!

いかなればかくも氣高く
優しく 麗はしく香しく
すべてを越えて君のみが匂ひたまふぞ。
我れは醜き獣にして
いかでみ情けの数にも足らむ。

もとより我れは奴隷なり 家畜なり
君がみ足の下に腹這ひ 犬の如くに仕へまつらむ。
願くは我れを蹈みつけ
侮辱し 唾を吐きかけ

また床の上に蹴り
きびしく苛責し
ああ 遂に――
わが息の根の止まる時までも。

我れはもとより家畜なり 奴隷なり
悲しき忍從に耐へむより
はや君の鞭の手をあげ殺せかし。
打ち殺せかし! 打ち殺せかし!

マゾヒズムの世界だよな。

アート2010①

いやはや凄い画家だ

 札幌市南区の札幌芸術の森美術館で開催中の「片岡球子展」に行く。

Geimori

 スケール、色彩、芸術家としての気概。そのどれをとっても、片岡は実に希有な人物であったことが想像される。感動した。

 浅間山、富士山、面構シリーズなどなど、50歳を過ぎてからようやく、自分の進むべき道を見つけたのだろうか、作品がギラギラと輝いてくる。年齢を重ねれば重ねるほど、若くなってくるのだ。葛飾北斎ではないか!

 もっと評価されるべき画家ではないかと思う。本物の、芸術家である。

 たまにこのような本物に触れることで、自分を磨いていかなければならないと痛感した次第である。

Kataokatamako

アート2009①

圧巻の写楽

 今回、京都へ行ったら、全くの偶然なんですが、京都駅近くの美術館で浮世絵展が開かれていました。京都市営地下鉄内のポスターで知りました。行かない手はありません。

 「写楽・歌麿・北斎・広重 四大浮世絵師展」です。会場は京都Ukiyoe駅に隣接するジェイアール京都伊勢丹内の美術館「えき」きょうと。すかし系のネーミングですが、入場料は700円。まあ、よしとしましょうか。

 浮世絵コレクター・研究家の中右瑛氏のコレクションが並びます。中でも、写楽は20点が展示されていました。圧巻でしたね。わずか数カ月で、写楽の作品が劣化していくさまが、よくわかる。背景の雲母がかすれていて、秋に東京で観たボストン美術館のコレクションと比べると、保存状態では落ちるのかもしれませんが。

 広重の空間処理、北斎の奇想、歌麿のエロティシズム。浮世絵はやはり、生で観るに限ります。京都出張で貴重な経験ができました。

旅を打つ⑨

東京にて俵屋宗達をみる。

 東京へ出張。最近、よく行く。いろいろ、素晴らしい展覧会があるから、「ついで」に観てくる。今回は空き時間を活用して、上野の東京国立博物館の「大琳派展」へ。入館料は1500円。でもすごい満員だ。ウィークデーの日本なのに誰も、まじめに働いていないのでは、と思えるぐらいにに人がいる。

Rinnpa  難しいよね、日本美術の伝え方は。俵屋宗達の迫力はわかるけど。その継承なんていっても、無理だ。わかるわけがない。下々には(私も含めて)。もう少し、見せる工夫が必要なのではないかなあ。どうにも「上から目線」の展示を感じてしまうのだよ。

 「風神 雷神」の描き比べ(俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一)は素晴らしいけど。だんだん、時代を下るにつれて装飾的になり、本来持っていた荒々しさが失われていく様子がよくわかるのだ。それを洗練というのかどうかはわからないがね。

 それにしても、すごい人だった。16日までだが、土日何か身動きが取れないのではないか。

美の世界2008①

素晴らしい保存状態。

 今回の東京への旅打ちの一番の目的は、両国の江戸東京博物館で11月30日まで開かれている「ボストン美術館浮世絵名品展」を観ることでした。

Boston 正味、すごいコレクションです。何より、保存状態が素晴らしい。色褪せはまったくなく、まさに浮世絵が刷りものであることがよくわかります。

 広重、北斎、写楽、国芳などの大御所だけでなく、鳥居派の初期の刷りものや勝川派などの渋い品も。歌川国政の大首役者絵なんて、いままで知らなかったものな。

 しかし一方で、これだけのものが海外流出してしまっていることには、複雑な気持ちもしますがね。

表現とは何か?

結局、何を言いたいんだい?

 この前の日曜日、道立近代美術館に「空海マンダラ展」を見に行きました。最終日だよ。すごく、混んでいました。でも、いいですね、北海道で仏像を見る機会、あまりありませんからね。

 金剛峰寺の秘宝が並んでいるわけです。でも、一番感じたのは、人間の表現方法って、たいして変わっていないということですね。

 運慶作の「八童子立像」が並んでいたのです。それらの彫刻の表情は、まさしく、現代的だった。このことに、単純に驚かされました。

 仏教観に基づく表現にしても、人の顔を表現するには、やはり人の顔をもとに表現せざるを得ない-。この意味、わかっていただけるでしょうか? 鎌倉時代初期の作品でも、顔そのものは、21世紀なのですよ。

 この発見が、有意義でした。「たいして変わっていない」というのは凄いことなのです。時空を超える、表現への意志。そのことを思い、敬虔な気持ちになったのです。

孤独な絵

夜ふかしする人たち

 クリスマス・プレゼントをかみさんからもらっていないことを不意に思い出し、インターネットでアメリカに本社がある世界最大のポスター会社「オールポスターズ」にオーダー。1万数千円で、美しいフレーム付きのポスターが届いた。オハイオの同社配送センターから1週間足らずで来るのだからたいしたもんだ、というのはさておき。

 オーダーしたのはアメリカの画家エドワード・ホッパーの「ナイトホークス」。1942年の作品だ。

Photo_158 見えますか? 写真がうまく撮れなかったので、詳しくはリンク先の画像をご覧ください。深夜のカフェ。カップルと、こちらに背を向けた男。そして疲れた表情の店員。都会の孤独がひしひしと迫る絵であると思う。「ナイトホークス」には「夜ふかしする人」という意味があるそうだ。さらには「一匹狼」的なニュアンスもあるという。

これから双子山亭を訪れる人たちを、このポスターが出迎えることになるのです。その第一弾は、あした5月5日、双子山霊人山荘で開く今シーズン2回目のガーデンパーティーのゲストであるエコノミスト・松ちゃん夫妻と、エディトリアル・デザイナーのFくん夫妻+レトリバーのえりちゃんということになるのかな? お待ちしてます。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31