最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

三国一の昼飯野郎2018※85

カレーです。札幌市中央区南3条西4丁目、「スープカリー エス」のタンドリーチキンカレーは980円。
澄んでいますね。清涼感あふれるスープがすばらしい。クリスピーなタンドリーチキンもたっぷり。野菜もたっぷりです。辛さは6番。なかなかのものです。


三国一の昼飯野郎2018※84

たまに無性に食べたくなるものがある。だから今日は、札幌市中央区南2条西4丁目の「蝦天分店」へ行った。天丼、700円である。
ちょい甘の天つゆが良いですね。天ぷらをさくり、とやってはご飯をかき込む。そして時々、漬物で舌を直す。そして、ナメコ汁をすする。見事なコンビネーションとして、リンクしています。


三国一の昼飯野郎2018※83

最近のマイ・フェバリット・ランチ。札幌市中央区大通西5、昭和ビル地下の「まるえ」の定食です。620円でソバとミニしらす丼が楽しめます。
「美味え、美味え」と鳴いちゃいますね。蕎麦湯を飲んで、一息ついたら「ごちそうさま」と言おう。


三国一の昼飯野郎2018※82

どんよりと雲が広がっている札幌の空。今日は狸小路1丁目の「デリー」へ。今年10回目。
いつもの。カシミールの鶏卵包み。いうことないよ。美味いよ。参ったよ。800円の至福だよ。


三国一の昼飯野郎2018※81

札幌はすっきりとした青空が広がっています。少し、涼しいけど。
ということで、今日はテレビ塔地下のうどん「一久」で坦坦うどんを食べたのです。880円。
狸小路近くにある店の姉妹店でしょうか。つい最近、できた店です。狸小路店ではちくわ天トッピングのものをたべているので、ここでは坦坦うどんをオーダーしてしまったのです。
ビリビリ、けっこう山椒も効いていて、それに以外と太いうどんがからまって、美味い。ペロリといってしまいましたぜ。



三国一の昼飯野郎2018※80

また、トンカツを食べた。札幌地下街ポールタウンの「和幸」である。あの柔らかいカツとしじみの味噌汁の誘惑にまた、負けた。和幸御飯、810円である。
キャベツには柚子ドレッシングがよく似合う。シャキシャキだぜ。そしてしじみの味噌汁をすすり、白米をかき込むのだ。至福である。


三国一の昼飯野郎2018※78

暑さはどこかへ行ってしまい、今日はまた、スプリングコートを着ての出勤だ。
というわけで、ランチは札幌市中央区大通西5丁目の昭和ビルの「うどんのそうまや」へ行ったのだ。A定食は630円。
ゴボ天うどんにヒジキの炊き込みご飯。うどんはいつもながらの官能的な柔らかさ。つゆも絶品だ。これにご飯がつくのだから、安いものだと思う。


三国一の昼飯野郎2018※77

札幌、ようやく気温が上がり始めています。昨日は今季初のノーコート出勤でした。本日も、また。服装も軽くなってきました。
と、言うことで、札幌市中央区 北1条西5丁目「元祖 美唄焼き鳥 福どり」に行ったのです。焼き鳥2本入りのソバ。セットならこれにとり飯がつくのだが、あいにくの品切れ。単品にしました。680円です。
なんか、がっつりうまい感じ。辛めのツユには焼き鳥がよく合うんだ。まあ、食べすぎ防止のためにも、単品で良かったのかもしれぬ。


三国一の昼飯野郎2018※76

狸小路4丁目のラーメン「極煮干本舗」にて、特濃煮干しを食べる。820円。
スープがどろどろ。ポタージュに近いね。タマネギも入っているから、本当にオニオンポタージュスープそのものだ。煮干し風味も強烈で、好き嫌いがあるかもしれないが、私は好きだ。



三国一の昼飯野郎2018※75

また、札幌地下街ポールタウンの「和幸」に入ってしまった。810円の和幸御飯の誘惑に、負けた。
キャベツがうまいなあ、シャキシャキしていて。トンカツの肉も相変わらず柔らかいしな。文句なし。以下同文。





三国一の昼飯野郎2018※74

札幌市中央区大通西5丁目の昭和ビル地下の「まるえ」へ。ここのランチメニューのコスト・パフォーマンスは高い。620円で蕎麦と丼だからなあ。
いつも、シラス丼と冷たい蕎麦を選ぶ。蕎麦なんか、ソバ猪口までぎんぎんに冷やしていて、好感が持てます。そして何より、シラス丼な。卵の黄身がトロリと、シラスの味を引き立てる。食後、蕎麦湯を飲むと、ほっとする。満足!


三国一の昼飯野郎2018※73

今日は訳あって、地下鉄円山公園駅に隣接するマルヤマクラスにて、少々、遅めの昼飯。3階レストラン街にある「大戸屋」へ入る。一本釣鰹丼とうどんのセットは893円。このお店、オーダーは全て、テーブルの上のタブレットでするんだよね。
うどんはさっぱり。丼はしっかりした味付け。量もそれほど多くない。何となく、ヘルシーなランチでしたが、あきたらなさも、また。


三国一の昼飯野郎2018※72

何となく、今日は豚丼気分だったので、狸小路5丁目のHUGフードコートの「小豚家」に行ったのです。バラ豚丼は780円。香ばしくて美味い!肉もたっぷりでボリューム満点!山わさびも効いて、一気呵成に食べてしまった。



三国一の昼飯野郎2018※71

今日はてくてく歩いてJR札幌地下アピアの中華「万豚記」へ。頼むはもちろん、花山椒がビリビリ痺れる紅辣麻担々麺!ランチタイムはライス付きで950円、というメニューです。
麺をたいらげたら、ライスをスープに入れながら楽しむ2way方式。ぐいぐい、行けてしまうが、口の中はヒリヒリだぜ。それでも、止まらないぜ!


三国一の昼飯野郎2018※70

今年、9回目になる「デリー」です。カシミールの鶏の挽肉の卵包み。いつものやつ、ですね。800円です。
ホント、流動食のように入ってしまうのですよね。よく噛まなければいけないのに。辛さも具の美味さも、ちょうどいい。中庸の美学ですね。


三国一の昼飯野郎2018※69

札幌、気温がぐんぐんと上がっています。桜も散り始めるものもあります。もう少しだけ、もってほしいが。
ということで、今日はうどんにしてみました。札幌市中央区南2条西1丁目、「うどん 一久」です。ちくてんぶっかけは880円です。
ご覧の通り、ぶっというどんです。でかいちくわ天麩羅に、半熟卵の素揚げというラインナップです。
太くてもぐいぐい、行けます。天麩羅は揚げたてでアツアツ。半熟卵は割ると黄身がとろりと出てきて、カルボナーラ風にも楽しめます。


« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31