最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

三国一の昼飯野郎2018※68

今札幌、桜が咲き始めてしまいました。例年より、1週間ほど早いようです。
とはいえ、吹く風はけっこう、冷たいんだよなあ。そこでぷらぷら歩いて、札幌市中央区大通西9丁目の「黒岩咖哩飯店」へ。エビフライカレーは890円です。
うむ。なかなかの見栄えです。ルーカレーの本道ですね。スパイシーながら、どこか、懐かしい。エビフライは美味い!サクサク、クリスピーで中のエビはぷりぷり。オーダーが入ってから揚げているだけあるね。
でも、以前はもう少し、スパイシーだったような気もするのだが。


三国一の昼飯野郎2018※67

今日も、昭和ビル地下です。「まるえ」。夜は居酒屋、昼はそばがメーンです。
盛りそばとミニシラス丼のセットで620円は安い。そばの盛りも結構あるしね。
そして何より、私はシラスが大好きなのだ!もう一昨年になるか、江ノ島で食べた生シラス丼は美味くて美味くて、今でも夢に出てくるぜ!まあ、札幌で生を望んでも仕方ないが、これも十二分に美味いぜ!満足しました。


三国一の昼飯野郎2018※66

今日は札幌市中央区大通西5丁目、昭和ビル地下の「海鮮居酒屋 根室」に入りました。
刺身定食は750円です。刺身はマグロの赤身、タコ、ヒラメというラインナップ。サラダと小鉢、ライス、みそ汁でこの値段は安い。刺身も大きいし。
結局、ご飯の上に刺身を載せてワサビ醤油をかける、ちらし寿司的な食べ方をしたのですが、美味かった!



三国一の昼飯野郎2018※65

焼き鮭定食にするか、とんかつ定食にするか迷ったが、結局、誘惑に負ける。地下街ポールタウン「和幸」の和幸御飯にする。810円。今年7回目だ。
ここのカツ、柔らかいんだよなあ。箸でちぎれるほどなのだ。そして、しみじみ蜆汁をすすり、ごちそうさまと呟く。


三国一の昼飯野郎2018※64

今年8回目になる「デリー」。1週間ほど前は混んでて入れなかったか、今日はすんなり。7回目の来店時には切れていた鶏挽肉のゆで卵包みトッピングもありました。
これだよ、これ。カシミールの辛さがビシビシ、響いてきます。ほんのり、汗をかいてしまいますね。美味し!



三国一の昼飯野郎2018※63

大通西4丁目、新大通ビル地下2階の「魚力」に入る。夜は居酒屋だが、昼の定食も充実している。
頼んだのは〆鰊丼。750円。鰊というのが、ちょいと珍しいか。ほどよい締め方で美味い。ごはんも進む。


三国一の昼飯野郎2018※62

元祖美唄やきとり福よし札幌中央店に入る。カウンターにどっかと座り、とりもつそば串2本ととりめしセットを注文。780円。
がっちりしたそばが辛めのつゆに絡み、焼き鳥の脂がつゆに混じり、ますますこってりにしていく。だからなのか、とりめしはうす味仕立て。ガツガツ行っちゃうね。
なお、いつでも、店内にはビートルズが流れている。



三国一の昼飯野郎2018※61

東京出張中の本日のランチはホテル近くの新橋3丁目です。「麺屋 武一」と言います。
鶏ラーメンをウリにしているようです。780円の鶏醤油にしました。
濃厚なスープです。島根県大山の地鶏を使っている。麺は細め。鶏ラーメンには確かに太麺より合うだろう。
後を引くスープ。でも、ちょいと高いか。


三国一の昼飯野郎2018※60

今日はふらふら、歩き回り、結局、テレビ塔地下の「麺屋 開高」へ。醤油ラーメン680円を食べる。
こってりそうに見えて、意外とあっさり。まあ、平均的といえば足りるかな。


三国一の昼飯野郎2018※59

今日は札幌市中央区南3条西4丁目の「カリーショップ エス」へ行ったぜ。初めて、イカスミスープカレーを食べたぜ。1230円なのだが、500円の食事券があるので、730円ね。
具がたっぷり。タンドリーチキンにいか、そして野菜群。具だけで腹いっぺいだ。
イカスミスープはやはり、コクがある感じ。辛さ6にしたので、けっこう辛い。それでも、一気呵成に食べてしまった。


三国一の昼飯野郎2018※58

また、トンカツを食べる。どれだけ、好きなんだ。
札幌地下街ポールタウンの「和幸」へ。今年6回目になる。和幸御飯810円なりの魅力に抗し難かったのである。
しじみ汁しみじみ、キャベツしゃりしゃり、トンカツずんずん。いつも同じことを書いているな。それでも、美味くて満足さ。明日の朝は太っているだろうがな。


三国一の昼飯野郎2018※57

寒い寒い。春は名のみだ。だから温かいうどんでも食べようと、札幌市中央区大通西5丁目、昭和ビル1階の「うどんのそうまや」へ行く。
580円のAランチはわかめうどんとタケノコご飯。良いですね。若竹の出会いですよ。
いつもながらの、色白のうどんに澄んだつゆがいい塩梅にからむ。言うことなしの旨さでした。満足です!


三国一の昼飯野郎2018※56

今日の札幌は寒い。時折、雪がちらついていたぜ。行ったり来たりの春だぜ。
ということで、久しぶりに狸小路1丁目の「デリー」へ行く。久しぶりと言っても今年7回目だがな。12時30分前後に入ったら、すごく混んでいた。いつものカシミールカレー鶏挽肉卵包みが売り切れていたので、ラムにしたぜ。これもまた、久しぶりのことだ。
ラムが柔らかい!こんなに柔らかかったか?と驚くほど。サクサクと食べ、ごちそうさまでした。またもや、満足のひと皿でした。


三国一の昼飯野郎2018※55

今日のランチは充実していたなあ!札幌市中央区南2条西1丁目第3広和ビル2階の「ワインダイニング 左岸」です。
1500円のランチメニューはアンティパスト、パスタ、ドルチェ、コーヒーが付きます。
アンティパストは稚鮎に和牛のコンビーフに鶏の白レバーと充実の内容。ホント、ワインが欲しくなりましたぜ。
パスタの黒松内産ベーコンのカルボナーラは絶品でした!アルデンテのパスタにクリームソースが艶めかしく、さらにベーコンの旨さったらない。「本場もの」の力ですね。
さらにドルチェとコーヒーでゆったり。1500円なら安い。あまりにのんびりしすぎて、午後の仕事に影響しかねないのが唯一の欠点でしょうか。大満足です!




三国一の昼飯野郎2018※54

それでもまだ、風が冷たい今日は、札幌市中央区南2条西4丁目の「らふ家」へ入ったのです。油そばの店。いちばんシンプルな油そばは700円です。
コネコネして食べます。太めの麺ががっつりと油や具にからんできます。ネギやチャーシューがスパイシー。でも、ちょいと食い足りないかなあ。


三国一の昼飯野郎2018※53

今日は札幌市中央区北1条西3丁目、「松のや 駅前通店」へ。お決まりのロースかつ定食は税込み530円!
驚くべきコスト・パフォーマンスです。キャベツ、みそ汁、ライス、かつ、どれも過不足なく楽しめましたぜ。はらいっぺい。食べ過ぎですた。


三国一の昼飯野郎2018※52

今日はラーメンにしてみました。札幌市中央区大通西5丁目、昭和ビル地下の「切田製麺」です。雪まつりのころ以来、今年2回目です。
黒正油にしてみました。650円です。
ストレート麺によく合うしょうゆ味!くどくなく、コクがある。後を引く。ラーメンを語る語彙の少なさがもどかしいぜ。
ランチタイムはライスがサービスされるのだが、炭水化物on炭水化物はさすがにまずいだろうと思い、一度も頼んだことはない。



« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30