最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

三国一の昼飯野郎2017※178

満願成就、前代未聞の試みランチ一筆描きも本日の178軒目をもって完了です!ミッションクリアです!誰か祝ってください!
ということで、札幌市中央区北1条西4丁目、札幌ノースプラザ地下「居酒屋わさび」に入りました。日替わり弁当を頼みました。食後のコーヒー付きで900円です。
鰆焼きや豚の生姜焼き、がめ煮、サラダなどなど。何となくヘルシーですが、食後ははらいっぺい。お米とみそ汁が美味いですよ。女性客が多いのもうなづけます。

いやはや、2018年は一筆描きはやりません。


三国一の昼飯野郎2017※177

雨過天晴、ランチ一筆描きラス前の176軒目は、札幌市中央区北2条西3丁目敷島ビル地下の「エーデルワイス」です。1971年創業の老舗喫茶店です。
今朝の「めざましテレビ」の星占いによると、私の星座蟹座の本日の運勢は最低12位。そしてラッキーアイテムがスパゲティ・ナポリタンというので、オーダーしましたよ。名物の昔風ナポリタン780円、コーヒー付き。
これです。ケチャップたっぷりの味付けはまさに昭和そのもの。「パスタ」などというしゃれた言葉を誰も知らず、使わなかったころの味です。そしてけっこう、ボリュームがあり、腹が膨らみました。コーヒーも旨くて満足です!


三国一の昼飯野郎2017※176

判官贔屓、ランチ一筆描きもついに176軒目になりました。こんなこと、2度とやらないことを誓いつつ入ったのは、札幌駅前通りの「味の時計台」です。老舗の札幌ラーメン店ですね。
昔風しょうゆラーメンは756円です。ホント、シンプルなしょうゆ味。あっさりはしているのですが、焦がしニンニクの風味も。スープが後を引きました。


三国一の昼飯野郎2017※175

純情可憐、ランチ一筆描き175軒目!札幌地下街オーロラタウンの「天馬」です。カレーとカレーパンの店です。
バターチキンカレーは1180円。スープカレーとは全く異なり、ルーは濃厚ですわ。どろどろですわ。でも大辛にしたのに全く辛くない。あきたらない。高えよ。


三国一の昼飯野郎2017※174

安寧秩序、ランチ一筆描きの174軒目は、札幌市中央区北1条西3丁目、敷島ビル地下の「和食バル はれるや」です。かつてここには、「煉瓦亭」という居酒屋があり、会社の先輩・後輩たちと飲んだくれていたものですが、日々は過ぎ去りました。
煮干しラーメンは何と500円! すっきりしたスープながら、しっかりと煮干しを感じさせる仕上がりに感心しました。隣のサラリーマンが食していた日替わり定食はミニラーメンも付くかなりボリューミーなものでしたぜ。




三国一の昼飯野郎2017※173

清廉潔白、ランチ一筆描き173軒目は、札幌市中央区北1条西3丁目札幌中央ビル地下の「奏作寿司と焼き鳥 すしたけ」です。いつできたのでしょうか、気付かなかったなあ。ここも出入りが激しい場所です。
寿司カウンターに座って、日替わり定食を注文。今日は焼き魚で、糠ニシン、ご飯、みそ汁、サラダ、小鉢に香の物がワンセットです。850円。
いやあ、糠ニシンの絶妙な塩加減に驚きました。悪辛い塩味が多いものですが、これは甘みさえ感じるのです。小鉢はチキンのトマト煮、みそ汁はエビのダシが効いてます。この値段でこの質と量は大満足ですね。


三国一の昼飯野郎2017※172

六根清浄、ランチ一筆描きの172軒目。ゴールも見えて来ましたね。
札幌市中央区北1条西3丁目、敷島ビル地下の「まるひら」です。稲庭うどんの店で、ランチはどれも780円です。今日のA定食はとろろうどんにカツオとろろ丼。小梅3個。
けっこう、お腹にたまります。あっさりとしたつゆがなかなか。カツオとろろ丼はミニでちょうど良い。



三国一の昼飯野郎2017※171

百折不撓、ランチ一筆描きも171軒目になりました。
今日は時計台前の「トニー・ローマ」に入りました。税抜き690円のランチ、金曜日はチキンフライのケイジャンカレーソース。チキンフライがクリスピーでした。ケイジャンってアメリカの南部料理だとは知っていましたが、こういうものなのでしょうか。ライスがまずいのがちょいといけません。



三国一の昼飯野郎2017※170

紫電一閃、ランチ一筆描き170軒目。札幌テレビ塔地下の「鳥の介」です。
あんかけ焼きそば&中華丼という一挙両得的なメニューをオーダー。864円プラス税です。
確かに、両方の味が楽しめます。箸を使ったり、レンゲに切り替えたりと少々、忙しい。ボリュームたっぷりだが、高いな。


三国一の昼飯野郎2017※169

艱難辛苦、ランチ一筆描き169軒目は、二条市場の老舗ラーメン屋「だるま軒」です。
しょうゆラーメンは680円。なんともシンプルな、昭和テイスト丸出しの一杯です。「昔のラーメンはこうだった。そして、びっくりするほど旨かった」。そんなノスタルジーだけで、スープまで完食してしまいましたよ。


三国一の昼飯野郎2017※168

落下狼藉、ランチ一筆描き168軒目。札幌市中央区南1条西2丁目Kビル地下の「手作りハンバーグ工房Toshi」です。いつも満員の店ですが、たまたま、今日の13時過ぎは空いていたようです。
山わさびおろしハンバーグにしました。メーンの前に、まずはサラダですが凄いボリュームです。しかし、道産野菜は新鮮で美味。グイグイ、行けてしまう。
そしてメーンのハンバーグ。これは美味いとしか言いようがない。箸を入れると肉汁が溢れてくる。山わさびの辛味と相まって、複雑かつ甘美な味を構築する。ライスも、付け合せの野菜も、全てが完璧である。1480円と、決して安くはない。しかし、味わう価値はある。




三国一の昼飯野郎2017※167

巧言令色、ランチ一筆描き167軒目です。狸小路4丁目のホテルリッチモンドのモディッシユカフェ。カレーランチです。
サラダの皿が冷えているのはさすが、ホテルのカフェです。そしてカレーも美味い!トマティなココナッツカレーです。エビがぷりぷりなのが良いね。上品な味ですよ。
コーヒーも付いて830円です。満足です。



三国一の昼飯野郎2017※166

南船北馬、ランチ一筆描き166軒目です。札幌市中央区大通西5丁目、昭和ビル地下の「小町」です。
ランチメニューは定食が中心のようです。魚の煮付け定食にしようかと思ったら品切れ。そこで十勝・豊西牛の肉丼とやらをオーダーしました。650円です。安いですね。
牛モツなどを甘辛く煮て、白米に載せ、白髪ねぎを添える。タレが白米に染みてきて、美味いが、もう少しスパイシーでも良いな。


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31