最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2017※172 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017※174 »

三国一の昼飯野郎2017※173

清廉潔白、ランチ一筆描き173軒目は、札幌市中央区北1条西3丁目札幌中央ビル地下の「奏作寿司と焼き鳥 すしたけ」です。いつできたのでしょうか、気付かなかったなあ。ここも出入りが激しい場所です。
寿司カウンターに座って、日替わり定食を注文。今日は焼き魚で、糠ニシン、ご飯、みそ汁、サラダ、小鉢に香の物がワンセットです。850円。
いやあ、糠ニシンの絶妙な塩加減に驚きました。悪辛い塩味が多いものですが、これは甘みさえ感じるのです。小鉢はチキンのトマト煮、みそ汁はエビのダシが効いてます。この値段でこの質と量は大満足ですね。


« 三国一の昼飯野郎2017※172 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017※174 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2017※173:

« 三国一の昼飯野郎2017※172 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017※174 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31