最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

三国一の昼飯野郎2017※34

ランチ一筆描きの34件目は会社に近い時計台ビルにある「麺屋サスケ」です。でも、ラーメンではありませんよ。台湾まぜそばなのです!780円です。
温かい麺に生卵が乗っています。カルボナーラだね。挽肉や木耳や玉葱をコネコネします。
なかなかにスパイシーでよろしいですね。味わいました。
でも、ラーメン系で800円近いのはコストパフォーマンス的にはいかがか、とも思うが。


三国一の昼飯野郎2017※33

ランチ一筆描きもゾロ目の33件目となりますか。四丁目電停前の「松尾ジンギスカン」へ行きました。久しぶり。以前に行った時は、早期退職した同期のバーコー、昨年、定年退職したイリューマン先生らと入ったのだから、かれこれ6年以上も前ではないか。
ひとりで肉を焼くのも淋しいから、丼にしました。880円です。半熟卵をかけていただきました。美味です。
デザートの杏仁豆腐が美味い。ボリュームもあるし。
以外と女性客が多いのに驚く。北海道の女性は、ジンギスカン好きなんですね。


三国一の昼飯野郎2017※32

ランチ一筆描きの32件目は地下街ポールタウンの「とんかつ和幸」です。ここの和幸御飯810円が何とも、リーズナブルなので気に入っています。
サクサクとんかつにライス、味噌汁付き。お新香も付いています。御飯、味噌汁、キャベツはお代わり自由(やったことはありませんがね)。
蜆汁が本当に美味い。しみじみ、美味い。オレもジジイだ。


三国一の昼飯野郎2017※31

ランチ一筆描き31件目です。札幌ノースプラザビル地下の「遊鶴」へ。ネバトロ丼蕎麦セットをオーダーしました。
冷たい蕎麦はこのチェーン店自慢のごまそば。それにオクラとトロロのミニ丼がつきます。
何だかヘルシーな気持ちもしますが、食べすぎでしょうかね。820円でした。まあまあかな。


三国一の昼飯野郎2017※30

ランチ一筆描きも、ついに30件目に。今日は時計台ビルの中華「順春」の麻婆豆腐定食をいただきました。750円です。
何しろ麻婆豆腐がボリューミーです。サラダにスープに搾菜、もちろんライスも付いてこの値段ですから、店内は満員でした。
カウンターで私の隣に座ったサラリーマン、麻婆豆腐を左手のレンゲで少しずつ口に入れ、その後、箸でライスを食べていた。私はまずライスに麻婆豆腐をぶっかける。いわゆる、丼風にしてから食べる。あなたはどちらですか?
あと、気になったのは最近の若い奴は食べるのが遅いな。スマホやってるんだもの、食べながら。食う時は食うことに専念しろよ。


三国一の昼飯野郎2017※29

ランチの一筆書き、29店目は札幌市中央区北1西4、札幌ノースプラザビル地下の「ジパダスペシャル」。タイ料理屋さんです。
本日の炒め物は豚肉のレッドカレー炒め。ワンプレートにスープ付きです。680円。
まさにタイの屋台テイスト(行ったことないけど)。ピリ辛豚肉が美味い!香辛料も効いていて、満足です。

名のみの春タイから届くカレー味 霊人


三国一の昼飯野郎2017※28

美味いけどスープがぬるい

「ランチ一筆書き」は続いています。今日で28件目です。
さて、久しぶりにピヴォの裏の「オニヒゲ69」へ行く。煮干しラーメンの店です。
オーダーした「おにおにぼー」は魚介ベースにガチンコの追い煮干しをかました一品とのことです。
さすがに「かました」だけあって、煮干し、強烈です!
最後の最後まで飲み干したくなりましたが、やめました。
でも、何というかI、いつも気になるのだが、この店のスープはぬるいんだよなあ〜。スープは舌が火傷するほど熱くなければならいというのが持論である。


三国一の昼飯野郎2017※27

食べ過ぎるな。ほどほどがいい

テレビ塔の地下、「宮の森珈琲」にて、ナポリタンセット。なんとも、素朴な味は750円だ。
この手の、ケチャップたっぷりナポリタンは最近、少なくなってきたような気がするが、いかがか。

少々、ボリューム不足。でもいいか。食べ過ぎはいけません。


三国一の昼飯野郎2017※26

おしゃべりすんな

 JR札幌駅高架下の「らあめんがんてつ」へ行く。

 味玉醤油ラーメンは830円。麺はまずまずだが、スープがうまい。また、煮卵が美味い。

 でも、店員である若者たちがおしゃべりに夢中。なんだかなあ。客がいるときはおしゃべりしたらダメだろ。帰り際の「ありがとうございました」もなし。

 もう行かないだろうな。

三国一の昼飯野郎2017※25

ご飯がなあ・・・

2017年25件目のランチは、会社近くの「美濃家」へ。久しぶりだな。

ここの冷麺が惜しかった記憶があるのだが、夏メニューのようだ。

仕方なく、豚トロ串焼き重を頼む。780円です。
味付けは塩もあるのですが、タレにしてみました。

う~~ん、どうでしょう~~。ライスが今一つかな~。豚肉も硬いしなあ。

接客は抜群なんだけどねえ。


三国一の昼飯野郎2017※24

塩辛声は迫力十分

ことし24件目のランチは敷島ビル地下の「すし心 なかむら」だ。チャンクマ、キー坊との三人飯になりました。
Aセットチラシは880円。寿司飯がうまい。マグロが美味い。タコが美味い。鯖が美味い。
汁物はそば。デザートもついて、なんともお得感が十分です。

ここのオヤジの塩辛声は相変わらずすごい。「いらっしゃい!」。赤子がPTSDになりそうな迫力だ。

三国一の昼飯野郎2017※23

 魚ならここだって

 ことし23件目のランチの店は二条市場にある「がんねん」です。

 立地そのもの、お魚を食べさせる定食屋さんです。営業時間は午前8時から午後4時まで。「釧路産なマイワシの塩麹焼き」をオーダー。700円です。
ご飯、味噌汁、サラダ、小鉢付き。安いですし、美味しいです。ご飯もうまいし、魚もうまい。ただ、魚を食べる配分を間違えると、白米ばかり食することになるのでご注意です。
イワシ以外にも味わいたい店です。特に、刺身なんかは格別だろうなあと思います。


三国一の昼飯野郎2017※22

肉食人種は今日も行く

 2017年は「ランチの一筆書き」に挑戦だ。異なる店にどれだけ、入り続けることができるか?昨年は179回、外食ランチをした。さて今年は、170以上もの異なる店で昼食を食べ続けることができるのだろうか。
さて、今日は2017年22箇所目のお店だ。ル・トロワ7階のステーキハウス「ビーフ・インパクト」である。1000円ステーキランチをオーダーする。税込み1080円です。
5円ステーキ(アメリカ牛)200グラム、ライス、サラダ、みそ汁付き。200グラムでも腹いっぺいだ!
でも、肉が硬い。アメリカンビーフゆえではないだろうが。でも、この値段だものな。満足しましたぜ。


三国一の昼飯野郎2017※21

うまいことはうまいけど

 敷島ビル地下の「ガッツけ蕎麦」へ入る。鶏ガッツけが750円です。
太い蕎麦、たっぷりの野菜をラー油入りの蕎麦つゆでいただく趣向です。ピリ辛ってやつですね。野菜も食べることができ、ヘルシーな感じがします。

 でも、コスト・パフォーマンス的にはいかがかな?出てくるのが遅いのも気になる。お冷もセルフサービスだし。

三国一の昼飯野郎2017⑳

完璧なるコスト・パフォーマンス

昭和ビル1階の「うどんのそうまや」へ。
580円のAセットは鶏皮唐揚げうどんにお稲荷さん2個付きです。
この値段は凄いよ! 味も申し分なし!接客も言うことなし!
完璧です。


三国一の昼飯野郎2017⑲

ごっついそばと焼き鳥と

 札幌中央署向かいの焼き鳥「福よし」にて、鳥串そば2本セットを食べる。780円です。
塩気のあるつゆに、ごっついそばがよく合う。美唄名物の鶏めしも美味なり!

 13時過ぎに入っても混んでいる人気店です。


三国一の昼飯野郎2017⑱

女性に人気の中華です

ルトロワ7階の中華料理店「紅燈籠」へ。焼きそばランチを頼む。980円だ。税込み1058円です。
何だか、暗い写真ですが、美味しくいただきましたよ。海鮮あんかけ焼きそば、海老マヨ、スープに搾菜付き。とってもボリューミー。あんかけ焼きそばは熱々で、口の中を火傷してしまいそう。接客もよろしいです。気付いたら、男性客は私だけでしたね。満足しました。


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30