最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2017⑨ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑫ »

三国一の読書野郎2017⑩

狙いすぎても嫌味になる

人気ミステリ作家になった真梨幸子の「イヤミス短編集」を読む。

う~~む。最初は面白いのだが、「イヤミス」を意識しすぎると、あざとさが透けて見えてくるんだよな。トリックのためのトリックも浮き彫りになってしまうのだよ。要するにイヤミスの自己目的化はつまらないんだよ。

何かもっと、ぐっと引っ張るサムシング・エルスが欲しい作家だなあ。

« 三国一の読書野郎2017⑨ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑫ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2017⑩:

« 三国一の読書野郎2017⑨ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑫ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31