最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の野鳥野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑯ »

三国一の映画野郎2017①

大時代的というか・・・

 かみさんと、札幌ファクトリーのユナイテッド・シネマへ。今年初めて観る映画は「マグニフィセント・セブン」だ。1960年製作の「荒野の7人」のリメイクである。

 「荒野・・」におけるリーダー、ユル・ブリナーに当たるのはデンゼル・ワシントン。時代は変わりましたね。ほかにも、韓国俳優やネイティブ・アメリカンも「7人」に加わり、人種的多様性を示しているのも現代風である。

 しかし、もう少し、脚本は練ってほしかった気もする。大時代的なのだ。

 ドンパチシーンはド迫力だが、いわゆる「人間の描き方」が物足りない気がしましたね。

 それにつけてもオリジナルのオリジナルである「七人の侍」の完成度の高さよ。

 点数:79点。もはや西部劇は不可能なのだね。かつてのファンとしてはさびしいよ。イーストウッドの「許されざる者:、いや、サム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」で西部劇は終わったのだろう。あとは無限に連鎖するエピゴーネンがあるばかりだ。

 

« 三国一の野鳥野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑯ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の映画野郎2017①:

« 三国一の野鳥野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017⑯ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30