最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2017④ | トップページ | 三国一の野鳥野郎2017① »

三国一の読書野郎2017⑤

雑誌「みすず」連載のエッセーをまとめたもの。最近、この手の俳句エッセーが好きになってきた。著者は今年90歳になる熟達の作家である。「犯罪紳士録」などを昔読んだ記憶がある。
気になる句もいろいろ。
朝寝して寝返りうてば昼寝なり 風天
渥美清の句である。江戸期の雑俳集「武玉川」からは
津波の町の揃ふ命日
正月が四十を越せば飛んで来
が印象的だ。
☆☆☆★



« 三国一の読書野郎2017④ | トップページ | 三国一の野鳥野郎2017① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2017⑤:

« 三国一の読書野郎2017④ | トップページ | 三国一の野鳥野郎2017① »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31