最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017③ »

三国一の読書野郎2017③

塩田武士、才能あるな! 昨年末、「罪の声」を読破した余波を買って、「盤上のアルファ」を購入する。よみはじめたら、たちまちに夢中になり、一気読みだ。2時間かからずに読み終えたぜ。
「罪の声」のシリアスさに比べて、こちらはコミカルなのだ。社会部サツ回りをクビになり、文化部に左遷された記者が異能の棋士志願者と知り合い、互いに高めていく物語。小説現代長編新人賞を受賞した。著者は元神戸新聞の記者で、体験がリアリティーを醸し出している。面白い!
☆☆☆☆


« 三国一の昼飯野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017③ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2017③:

« 三国一の昼飯野郎2017② | トップページ | 三国一の昼飯野郎2017③ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31