最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

三国一の昼飯野郎2016※115

台風一過の空の下、うどんを食べに昭和ビル1階の「うどんのそうま」へ。2回目だ。なぜなら、いつ来ても混んでいるようだから。
ランチAセットは煮卵入りうどんと鶏めし。何と580円である。
ここのうどんは、こどもの肌のような柔らかさが特徴。出汁も羅臼昆布などを使った自称「黄金の出汁」。まずいはずがない。堪能しました。

新涼の日差しを浴びてうどん喰ふ 霊人


三国一の昼飯野郎2016※113

久し振りの鰻である。だって、札幌はものすごい晴天だったのだもの。
「かどや」にて中割り丼。今では1933円だよ。その昔は1000円そこそこだったような気もするが。
でも、柔らかい鰻は美味いよ!つい、ばくばく食べてしまうのだ。そして、満足してしまうのだ。



三国一の昼飯野郎2016※112

久し振りの職場金曜めし。チャンクマ、キー坊と狸小路の「徳寿」へ向かう。6月10日以来、今年2回目。
頼むは和牛焼肉定食。何たって、税込み1350円の威力である。
とにかく、肉が柔らかい。焼き過ぎずに、食べる。口の中でとろけるようだ。コメも美味だ。
ライスはお代わり自由とのことだが、やめる。「腹八分目」を実践しないと、いつまでも美味しいものを食べていられなくなってしまうから。

三国一の昼飯野郎2016※111

さて、札幌は青空が広がり、直射日光が強い。こういう天気はどうしても、カレーモードになるのである。
南1条kビル地下の「HIRIーHIRI」に行った。6月23日以来。ことし6回目になる。
gフランクのスープカレーは930円。辛さは五番であある。
まあ、もう少し辛くても良いのかな、という感じが身体にも良いのだろう。スープは、少しオイリーながらサッパリ系か。美味しくいただきました。

旅に病むな勝手に駆けるな芭蕉翁 霊人

三国一の昼飯野郎2016※110

台風一過の札幌には青空が広がる。日差しも強い。その日差しを浴びながら、「デリー」へ向かう。7月25日以来。今年13回目になる。
もはやこの店では、「いつもの」で通じるようだ。カシミールの卵ひき肉包み。定番中の定番は、今日も美味い。



三国一の昼飯野郎2016※109

日乃出ビル地下の「五十番」へ。最近、ここの痺れセットが気に入っているのだ。
担々麺と麻婆豆腐丼セット。803円。
美味い。だが、明らかに食べ過ぎである。担々麺の麺は少し残したが、言い訳にならん!
食べ過ぎだ。気を付けよう。元気に生きるため。


三国一の昼飯野郎2016※108

テレビ塔地下の「宮の森珈琲」にて、ブラックカレーセットを頼む。
最近、よく来るようになりました。以外とピリ辛のカレーも美味いし、食後のコーヒーがまた美味いから。
北海道は台風直撃。しばらく、朝コーヒーができません。
昼食も、何とか地下歩行空間経由です。

台風北上迎え撃つべしじじいども 霊人



三国一の昼飯野郎2016※106

太いそばをすすりたい

 「蕎麦屋ガイドを読んでいたら、何となくそばモードになったので、4丁目電停前の「さくら」へ行く。
 納豆かけそばは850円。ここのそばつゆは以前はもっと塩っぱかったが、マイルドになったような気がする。蕎麦湯を味わい、ご馳走様でした。

三国一の昼飯野郎2016※105

玉置浩二と豚丼を

札幌は25度を切る。陽射しは強いが、風があって涼しい。
そんな中、玉置浩二じゃなかった、狸小路5丁目のHUG内の「小豚家」へ行く。

豚丼(バラ)は780円。
炭火でていねいに焼いているからクリスピー!タレもうまいし、ご飯もうまい!

文句あるか、このヤロー的な丼でした。

三国一の昼飯野郎2016※104

札幌駅アピア内の「豚万記」へ。涼しげな黒酢麻辣涼麺をオーダーする。税別980円。
いやはや何とも黒酢が効いていて、酸っぱいの酸っぱくないのって(どっちだよ!)
でも、暑い季節こそ、お酢が良さそう。麺はきしめんのように平打ちで美味でした。上に載ったしゃぶしゃぶ風豚肉も、また。


三国一の昼飯野郎2016※103

シースー気分で、丸井今井百貨店10階にある「築地玉寿司」へ。小江戸セットは1080円だ。
シンプルさが身上。ランチタイムなら、ほどほどの値段でほどほどに楽しめれば良いと思う。
汁物と食後にコーヒーかアイスクリームが付く。アイスの器が冷えていて、好感が持てた。


三国一の昼飯野郎2016※102

何ということでしょう! 2日連続で「五十番」に入ってしまった。
と、いうのも昨日見たメニューが気になっていたからだ。担々麺に花山椒が効いた麻婆丼のセットだ。私が、大の麻婆好きであることは言うを待たない。803円である。
そして、美味かったのである!ピリ辛というやつである。しかも、ボリューミーだったのである。確実に、肥るな。困ったもんだ。


三国一の昼飯野郎2016※101

あづまビル地下の「五十番」に入る。冷やしつけ麺セットは773円。要するに、冷たい担々麺とチャーハンのセットである。食い過ぎではないか? という疑問もものかは、食べてしまったのである。ピリ辛で、美味かったのである。





« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31