最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014※192 | トップページ | 昼食としての現在2014※194 »

昼食としての現在2014※193

痺れたる口の中には花山椒 

 久しぶり、9月9日以来、札幌駅地下街アピアの「万豚記」に入る。頼むのは、いつもの紅麻辣担々麺である。

  これが、うまいんだ。ガンガン責め立ててくる花山椒がすごいんだ。麺を食べ終わったら、サービスの小ライスをスープに浸しながら食して、「中華風スープカレー」も楽しめる仕組みである。

  食べた。しかし、ここの花山椒は強烈無比である。しばらくの間、口の中が阿呆になってしまった!

« 昼食としての現在2014※192 | トップページ | 昼食としての現在2014※194 »

昼飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014※193:

« 昼食としての現在2014※192 | トップページ | 昼食としての現在2014※194 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31