最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014※87 | トップページ | 霊人庵日乗2014① »

昼食としての現在2014※88

清々しさが身上なのに

 初夏の風が清々しい。スープカレーが食べたくなって、「エス」に向かう。4月25日以来だ。今年になって4回目の来店。

チキンの辛さ357マグナムと、いつものオーダー。クーポンなんかが効いて、プレーンラッシー付きで880円というリーズナブルなお値段になった。

140613

この店のカレーを評するのに、私は「清々しい」「澄んでいる」という表現を多用してきた。どこか和風風味漂う、すっきりとしたスープが身上なのである。

しかし、本日はどうもその「清々しさ」を感じなかったなあ。クリスピーなチキンの生臭さが若干、スープに移ってしまっていたような気がした。もったいないことだ。

ライスもスープを濁らせる原因のひとつだから、私はスープの方をライスにかけていつも、食している。それほど、ここのスープの「清々しさ」は魅力的なのに。

美味いことは美味かったのだが、ちょいと気になりましたね。

日によって、味が少しづつ異なると言うことか。でも、それじゃ困るよなあ。

双子山評定:☆☆☆★

« 昼食としての現在2014※87 | トップページ | 霊人庵日乗2014① »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/56604543

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014※88:

« 昼食としての現在2014※87 | トップページ | 霊人庵日乗2014① »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31