最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014※79 | トップページ | キャンプ小僧2014① »

昼食としての現在2014※80

うむ、こんなものかな

 

 まだまだ、一度も入ったことのない老舗というやつが札幌市内にはあるのだ。気にはなっているのだけど、入っていない店ね。

  ここもそんな一軒だった。旧スガイの少し北にある、札幌市中央区南2条西1にある「浪速のかつ丼」である。看板は、いつも気になってはいたのだが・・・。

  入ってみた。カウンターのみの店内だ。食券を買い求める。かつ丼は550円である。

0530 ふむ、こういうものだったのか。ライスの上にキャベツを敷き、その上にふわふわの卵焼きを置く。そしてその上に、ソースをかけたとんかつを置く。

  箸だと、食べにくいというのが第一印象。卵焼きがフワフワすぎて、ライスを浸潤してしまうのだ。

  とんかつはまあ、この値段なら満足しなくてはならないだろう。しかし、全体のバランスとして、「ソースかつ丼」の利点が出し切れていないというのが食後感である。

  「ソースかつ丼」といえば、福井県福井市の「ヨーロッパ軒」で食したものが強烈であった。ライスとソースとかつが混然一体となって、独自のハーモニーを響かせていた。しかし、これは卵のふわふわ感が勝ってしまっているのだ。何だか、もったいない。

双子山評定:☆☆☆

« 昼食としての現在2014※79 | トップページ | キャンプ小僧2014① »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/56477213

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014※80:

« 昼食としての現在2014※79 | トップページ | キャンプ小僧2014① »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30