最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014※63 | トップページ | 昼食としての現在2014※64 »

桜としての霊人亭日常2014②

頑張ってくれました

 

 わが庭の桜、今年は随分と頑張って咲いてくれました。

Sakura0506

 

 「霊人亭日常①」では老木、などと書いてしまいましたが、本当はそれほどではないようです。この家を買った1996年ごろは、まだ幹も細かったのでまだ、樹齢20年程度だと思います。

 4月末にほころび始めると、あっという間に咲きました。4日は恒例の霊人庵の花見だったのですが、ちょうど満開。この日に花見を行うのを予想したかのようでした。

 5日ごろから散り始め、きょう6日は風とともに花びらが流れていきます。それでもまだ、頑張っているのは気温が低めだからでしょうか。

 

 繰り返し、誉めてあげたい。今年は、頑張ったね、と。来年もよろしくね、と。

« 昼食としての現在2014※63 | トップページ | 昼食としての現在2014※64 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜としての霊人亭日常2014②:

« 昼食としての現在2014※63 | トップページ | 昼食としての現在2014※64 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31