最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014㊷ | トップページ | 昼食としての現在2014㊹ »

昼食としての現在2014㊸

山椒の力強さに打ちのめされる

 札幌駅アピアに入っている中華「万豚記」に入る。いつもは、ここで麻婆豆腐かけ丼を食べるのだが、富良野のがじんくんから、「汁なし担々麺がうまい」との情報が寄せられたので、そちらにしてみようと思った。

 しかし、ぎりぎりで、「紅麻辣担々麺」にしてしまった。何だか、汁っ気が欲しかったのだ。麻辣味とは、花椒(かしょう、ホアジャオ、中華山椒)と唐辛子による中華料理の味付けだという。920円だ。「ランチタイムはライスがサービスになります」と言われたが、食べ過ぎ注意ということで、遠慮した。 

Manntouki  驚いたね。美味すぎる。こんな担々麺、初めて食べたぜ。麺は手打ちだろう。削り麺のような感触である。

 口内が痺れるほどの山椒の衝撃を味わった。これだけ、ヒリヒリする食べ物もないな。マゾヒスティックなほどに、痺れる。

 そしてスープの味わい深さよ。辛味のない、スープカレーのようだ。ここで大きく後悔した。「ライスを頼んでおけば良かった!」と。ぺろり、といけただろうな。

 久しぶりに、感動した食事であった。

双子山評定:☆☆☆☆☆

« 昼食としての現在2014㊷ | トップページ | 昼食としての現在2014㊹ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

何やらうまそうですね。
先日、某映画館前の坦々麺専門店に行ったのだが、どうしようもなく伸びて、味も薄く驚いた。帰りに「どうして人が入らないのか分かるでしょ。もう少し頑張ってくださいよ」と言って出てきた。いろいろ店があるもんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/55552466

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014㊸:

« 昼食としての現在2014㊷ | トップページ | 昼食としての現在2014㊹ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30