最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014㉜ | トップページ | 書評としての現在2014⑳ »

昼食としての現在2014㉝

食べ飽きない、味

 道内はまだまだ雪もようが続き、3月は名のみの春であることを、身をもって知るのである。だから、こんな寒い日は、熱々のうどんを食べたくなるのである。

 そこで、電車通りの、四丁目電停近くにある「肉肉うどん」に足を運ぶのである。今年に入って4回目になる。

 うどんにちくわ天ぷら。ショウガ大盛。830円。

Photo_2  ばくばく、食べてしまったぜ。美味いんだよ。最近では、讃岐系のうどんより、こちらの方が、マイ・フェバリットだ。甘辛いツユがクセになる。柔らかな肉もうまいし、うどんの腰もグッドだし。

 夏になって気温が上がったら、どう感じるのかな。それでも冬の間はこの味を楽しんでいよう。

双子山評定:☆☆☆☆

« 昼食としての現在2014㉜ | トップページ | 書評としての現在2014⑳ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/55273410

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014㉝:

« 昼食としての現在2014㉜ | トップページ | 書評としての現在2014⑳ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31