最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評としての現在2014⑭ | トップページ | 永訣の朝 »

書評としての現在2014⑮

期待したほどではなかった

 昨年の各ミステリベスト10の国内編で上位入賞を果たした「教場」を読む。う~む、そんなに評価されるほどのできか? というのが第一印象でした。悪くはないけどさ。

<口上>君には、警察学校を辞めてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。前代未聞の警察小説!

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆

教場

« 書評としての現在2014⑭ | トップページ | 永訣の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評としての現在2014⑮:

« 書評としての現在2014⑭ | トップページ | 永訣の朝 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30