最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評としての現在2014⑲ | トップページ | 昼食としての現在2014㉘ »

昼食としての現在2014㉗

てやんでえ! こちとら江戸っ子でぇ!!

 消化の良いもの、脂っこくないもの、刺激物・スパイスのないものを求めて、札幌を徘徊する私。脳裏にふと、「ウナギ」という言葉が浮かんでしまったら、もういけません。根がウナギ好きにできている。札幌市中央区南4西2、「かど屋」に向かったのである。昨年の秋ごろ以来ではないか。

 当然、中割丼を頼む。1880円だ。昔、会社の近くにあったころはこの半額ぐらいだったような気もする。今や、絶滅危惧種になろうとするウナギだからなあ・・・

Photo  うめえ、うめえ。たまに食べるから、いいんだね、ウナギ。脂っこいし、刺激的な山椒もかけるしで、決して今の私の腹にとっては良くないのかもしれないけど、美味いんだから、仕方ねえ。

 しかし、好みとしてはご飯がもう少し、固めの方が良かったかな。

 でも、ウナギはウマイヤ朝。こちとら江戸っ子、ウナギ喰いです。満足しました。

双子山評定:☆☆☆☆

« 書評としての現在2014⑲ | トップページ | 昼食としての現在2014㉘ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

スンニ派ですな。

そうでアッバース朝。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014㉗:

« 書評としての現在2014⑲ | トップページ | 昼食としての現在2014㉘ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31