最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昼食としての現在2014㉘ | トップページ | 書評としての現在2014⑲ »

昼食としての現在2014㉙

これはこれで、クセになる

 イリューマン先生と連日のふたり飯。きょうは、札幌・中央署向かいにある「美唄やきとり 福よし」に向かった。ここは、夜は焼き鳥屋だが、昼はランチを出す。かつてはヨンヤさんやRRなどと行ったものだが、随分と久しぶりになるなあ。1年以上、来ていないな。

 鳥モツそばを頼む。串2本ヴァージョンで、軽い鶏飯がついて750円だ。

Photo  ツユはどこかくどく、甘しょっぱく、全然、洗練されていないのだが、その田舎っぽさがいいのだな。クセになるよ。特に、疲れ気味の身体にはよろしいのでは。どこか、元気が出る味だと思う。

 一方で鶏飯は、あっさりした味付けでよろしい。そば、飯、そば、飯と交互に楽しめます。

 食後のコーヒーも楽しめます。けっこうグッドなCP(コスト・パフォーマンス)です。

双子山評定:☆☆☆☆

« 昼食としての現在2014㉘ | トップページ | 書評としての現在2014⑲ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/55172578

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食としての現在2014㉙:

« 昼食としての現在2014㉘ | トップページ | 書評としての現在2014⑲ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30