最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 書評としての現在2014⑩ | トップページ | 昼食としての現在2014⑭ »

書評としての現在2014⑪

日本古代史の謎

 日本の古代はどうなっていたのか。基礎知識を一冊で学べるのが、そのタイトル通りの「一冊でつかむ古代日本」。

<口上>継体天皇の時代(507~31年)に、大和朝廷は大きく発展した。官僚制をもった中央集権国家へと歩み始めたのである。また中国、朝鮮半島との交流のもとで仏教が伝来し、その過程で、大陸風の華やかな文化が花開く。だが強大になった仏教勢力を排し国政を刷新するために、桓武天皇は平安遷都(七九四年)を果たす。そして、仏教色の薄い平安時代という新たな時代が始まる。朝廷を中心に文化的なまとまりをみせた、古代300年にスポットを当てる。

<双子山の目>しかし、この著者、類書が多くて混乱する。

双子山評定:☆☆☆

一冊でつかむ古代日本 (平凡社新書597)

« 書評としての現在2014⑩ | トップページ | 昼食としての現在2014⑭ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評としての現在2014⑪:

« 書評としての現在2014⑩ | トップページ | 昼食としての現在2014⑭ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31