最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の足ひねり野郎2013 | トップページ | 三国一の美食野郎 »

三国一の落語野郎2013①

花禄、まだまだ

 14日、札幌市民会館に落語三人会を聞きに行く。柳家花綠、柳家喬太郞、林家たい平の3人だ。

 花綠、まだまだだなあ。「笠碁」、すなわち祖父であり師匠の小さんの十八番をやったのだが、ダメだね。左右が切れていないもの。碁敵の性格を、描き分けることができていない。この噺は確実に成熟を必要とする。花綠、まだその域に達していないということだ。

 喬太郞は「紙入れ」。いやあ、実に色っぽいおかみさんを演じていて、感服した。しかし、喬太郞、肥りすぎではないか? そちらが、気になってしまったぜ。

 たい平は「幾代餅」。もともと、天性の明るさをもった噺家なのだから、こういう噺が会うのだよ、たい平くんには。職人の一途さが出ていて、良かったです。

 

« 三国一の足ひねり野郎2013 | トップページ | 三国一の美食野郎 »

「落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87953/54048640

この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の落語野郎2013①:

« 三国一の足ひねり野郎2013 | トップページ | 三国一の美食野郎 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31