最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013※130 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2013⑥ »

まだまだ読むぞ2013※131

ダメ青年の行く先は

 乃南アサという作家は、もう少し評価されてもよろしいのではないかと思う。直木賞作家なのに、扱いが低くないか。受賞作「凍える牙」などは、現在では隆盛になっている女性刑事を主人公にすえた警察小説の走りともいえるのに。 まあ、それはともかく、「ニサッタ、ニサッタ」は都会で職を失った青年の漂浪と魂の救済を描く長編である。

ニサッタ、ニサッタ(上) (講談社文庫)

<口上>転職した会社が倒産してしまった片貝耕平は、人材派遣会社に登録したがどの仕事も長続きせず、担当者と喧嘩して辞めてしまう。アパートの更新もできなくなり、一発逆転を夢見てギャンブルにのめりこんで消費者金融の「回収担当」に追われる身となった耕平は、ようやく住み込みの新聞配達の仕事を見つける。

<双子山の目>軽く読ませるこのリーダビリティーが、乃南アサが軽くみられる理由なのか、ともふと思う。

双子山評定:☆☆☆★

« まだまだ読むぞ2013※130 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2013⑥ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013※131:

« まだまだ読むぞ2013※130 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2013⑥ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31