最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2013※88ラーメン篇㉓ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※89うどん篇⑯ »

まだまだ読むぞ2013※111

意外な拾い物ってやつだね

 「ライフルバード」を読む。深見真なる作家、まったくの初めてなのだが、なかなか読ませるサスペンスフルな長編小説であった。「意外な拾い物」の典型である。

<口上>熊本で発生した銀行襲撃事件は、機動隊員の狙撃手 大谷浩二の銃弾が解決した。一方、同じ熊本のコールセンターで働く平田香織は、DVをふるう元彼とクレーマーに悩まされる日々の中、自分の父が覚えのない名前で銀行強盗をしたという報道を目にする。それは大谷が狙撃した男だった。犯人射殺後の休暇中、事件の結末に疑問を抱いた大谷は、射殺した犯人の娘である香織の元を訪れる。二人の出会いは、熊本に巣食う大きな陰謀を暴く危険なものだった。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆★

ライフルバード 機動隊狙撃手

« 三国一の昼飯野郎2013※88ラーメン篇㉓ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※89うどん篇⑯ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013※111:

« 三国一の昼飯野郎2013※88ラーメン篇㉓ | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※89うどん篇⑯ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31