最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013※101 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※81ラーメン篇㉑ »

三国一のキャンプ野郎2013③

ここは穴場だ。厚真大沼野営場

 今季3回目のキャンプは、胆振管内厚真町の大沼野営場に。札幌南インターから高速に乗り、苫小牧東で日高道へ。さすが、高速は早い。厚真インターで下りてからはちょっとわかりづらいが、標識を見ながら向かう。

 まさに大沼、という沼のほとり。睡蓮の花が美しい。13時ごろに到着したのだが、キャンプ客はわれわれ夫婦だけである。

Dscn2856 睡蓮の花咲く。モネの名画を想起する。

Dscn2851 とにかく人がいないから、好きなところにテントが張れる。眺望よし!

Dscn2865 愛媛名物「じゃこ天」を焼いてみる。

Dscn2867 沼の向こうに陽が沈んでいく。水面に映る夕陽が美しい。

Dscn2879 新たなキャンプ料理、「トウキビの残酷焼き」。皮ごと焼くと、蒸されてトウキビの甘さが引き立つようです。

Dscn2881 たき火はたき火台を使いましょう。直火は絶対にいけません。

Dscn2888 今晩のホットウィスキーはバレンタイン。

Dscn2904 翌朝、うるさいエンジン音に上空を見上げるとハングライダーが。気持ちよさそうだ。

Dscn2908 札幌への帰途、厚真町内の「こぶしの湯」へ立ち寄り、汗を流す。なかなかにでかい温泉です。

Dscn2912 昼食は安平町内の「そば哲」へ。岩見沢勤務時代に1、2回来たことがある。ほぼ10年ぶりか。石挽き田舎そば、コシが強くうまい。ヨモギの天ぷら、増毛産エビのかき揚げもまた、美味し。「そば哲」バンザイ!

« まだまだ読むぞ2013※101 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※81ラーメン篇㉑ »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のキャンプ野郎2013③:

« まだまだ読むぞ2013※101 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※81ラーメン篇㉑ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31