最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013※97 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※98 »

三国一の昼飯野郎2013※77ラーメン篇⑳

開高(2)

 何だか蒸し暑い日だったので、冷やし中華が食べたくなった。

 しかし、本当にうまい冷やし中華とはなかなか、出会えないものだと思う。今や「つけ麺」というジャンルが、冷やし中華のエリアを犯しており、さらに道内の場合、「ラーメンサラダ」なる珍ジャンルもあり、王道的「冷やし中華」は成立しづらいのである。

 しかし、初夏のラーメン屋の軒先の「冷やし中華始めました」の惹句は魅力的である。その言葉に引かれて、入ってしまったのである。

 食券を買い求める。冷やし中華は700円である。

2013062114420000  う~む・・・。やはり、うまい冷やし中華と出会うのは難しいというのが結論である。麺は良くほぐれないし、量も少ないし、具との相性も良くないし、皿が小さくてかき回すと具が飛び出てしまうしと、良いところなし。こういう中途半端なものを食するなら、つけ麺にすれば良かったと猛省した。残念だ。

双子山評定:☆☆

« まだまだ読むぞ2013※97 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※98 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2013※77ラーメン篇⑳:

« まだまだ読むぞ2013※97 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※98 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31