最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2013※79中華篇⑧ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※100 »

まだまだ読むぞ2013※99

ためになります

 日本人にとってなかなかに縁遠いキリスト教。中野京子さんの「名画と読むイエス・キリストの物語」はそんな日本人にとって、優しく新訳聖書の世界を教えてくれる好著です。この人は、このようなものを書かせると本当にうまいと思います。

<口上>愛を説き、病を癒し、苦しむ人々に寄り添ったイエスが、なぜ十字架にかけられねばならなかったのか? 神と悪魔と人間が織りなす壮大なドラマに、『怖い絵』シリーズの著者が迫る。ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ゴッホ、ベラスケス、、レンブラント、ルーベンス、デューラー、ティツィアーノ、グレコ、ジオット、ラ・トゥールら、各時代の天才たちによる傑作・名作の数々から43点をオールカラーで掲載。渾身の書き下ろし!

<双子山の目>ためになります。「この人を見よ」の由来はこれだったのか、と私は膝を打ちました。

双子山評定:☆☆☆☆

名画と読むイエス・キリストの物語

« 三国一の昼飯野郎2013※79中華篇⑧ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※100 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013※99:

« 三国一の昼飯野郎2013※79中華篇⑧ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※100 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31