最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2013㊿定食篇⑤ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※82 »

まだまだ読むぞ2013※81

キングは中編かも

 スティーヴン・キング「1922」は面白い。アメリカでは、先に「まだまだ読むぞ2013※79」で紹介した「ビッグ・ドライバー」の収録作品とともに、1冊の中・短編集として刊行されたらしい。キング、一時期はバカみたいな長編ばかり出して、さすがにつきあいきれなくなっていたが、これは、良い。新しい方向性を示してくれ。

<口上>8年前、私は息子とともに妻を殺し、古井戸に捨てた。殺すことに迷いはなかった。しかし私と息子は、これをきっかけに底なしの破滅へと落下しはじめたのだ…罪悪のもたらす魂の地獄!恐怖の帝王がパワフルな筆致で圧倒する荒涼たる犯罪小説「1922」と、黒いユーモア満載の「公正な取引」を収録。巨匠の最新作品集。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆

1922 (文春文庫)

« 三国一の昼飯野郎2013㊿定食篇⑤ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※82 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013※81:

« 三国一の昼飯野郎2013㊿定食篇⑤ | トップページ | まだまだ読むぞ2013※82 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31