最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013※80 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※48うどん篇⑪ »

こんな映画を観た!2013③

アメリカ万歳?

 スティーヴン・スピルバーグ監督の「リンカーン」を観に行く。スガイディノスだったので、スクリーンがちょいと小さく、迫力はそれほどでもなかったね。スクリーンのせいだけともいえず、まあ、ストーリーが地味といえば、地味なんだ。

<口上>スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。第85回アカデミー賞では同年度最多12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初となる3度目の主演男優賞受賞となった。

<双子山の目>リンカーンの伝記ではありません。奴隷制廃止を目指す、アメリカ憲法修正第13条をめぐる議会工作がメインテーマの政治映画とも言えるでしょう。

「リンカーン」の画像1

« まだまだ読むぞ2013※80 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※48うどん篇⑪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな映画を観た!2013③:

« まだまだ読むぞ2013※80 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013※48うどん篇⑪ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31