最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013※63 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※64 »

アメリカのテレビドラマにはまる①

クリミナル・マインドな日々(1)

 アメリカのテレビドラマは、本当によく作り込まれていて、まあ、製作費も日本とは比較にならないのだろうが、見始めると、はまってしまうのである。

 昔はとにかく、「ER 救急治療室」が圧倒的に面白かったな。科学捜査官の活躍を描いた「CSI」にも、はまったものだ。テイム・ロスが主演の「ライ・トゥ・ミー」もおもしろかったな。、いま、夢中なのは「クリミナル・マインド」だ。FBIの行動分析班、すなわち、一時期はやった「プロファイラー」たちの活躍を柱に据えたドラマである。

 私も一時期、異常犯罪、連続殺人にずいぶんと関心を抱いたものだが、あまりサイコなものに関心を示していると、こちらもサイコに浸食されるような気がして、意図的に距離感を保っている。しかs、ドラマは、サイコ野郎の行動を読み取りながら、少なくとも、次の被害者を出さないために懸命の捜査をするFBIプロファイラーたちの真摯な行動が胸に迫るのである。

 シーズン7まで行っているそうだから、この先、ずいぶんと楽しめそうだ。

« まだまだ読むぞ2013※63 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※64 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのテレビドラマにはまる①:

« まだまだ読むぞ2013※63 | トップページ | まだまだ読むぞ2013※64 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31