最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アメリカのテレビドラマにはまる① | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013㊲中華篇⑤ »

まだまだ読むぞ2013※64

戦前の日本を思う

 戦前の日本って、軍国主義的な生活を強いられ、暗い暗い世相だったのでは、と思いがちだけど、決してそんな単色の暮らしがあったわけではない。竹田知弘「戦前の生活」を読むと、リアルな生活が見えてくるよ。

<口上>「阿部定は国民的アイドルだった」「遊園地にはジェットコースターがあった」「海外旅行ブームもあった」「公共事業と税金の無駄遣いが問題になっていた」「青少年犯罪が多発していた」…。学校の歴史の授業では教えてくれない戦前日本の“リアル”な日常生活を、62のトピックで楽しく紹介。意外に身近だけれど、不思議が満載の世界へようこそ。

<双子山の目>戦前のベストセラーや青少年犯罪の多発など、トピックで紹介しているので、とても読みやすい1冊。等身大の歴史がそこにあるような気がする。「史観」に犯されていない、リアルな歴史が。

双子山評定:☆☆☆★

戦前の生活: 大日本帝国の”リアルな生活誌” (ちくま文庫)

« アメリカのテレビドラマにはまる① | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013㊲中華篇⑤ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013※64:

« アメリカのテレビドラマにはまる① | トップページ | 三国一の昼飯野郎2013㊲中華篇⑤ »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31