最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 酒を吞む。美味を食ふ2013② | トップページ | こんな映画を観た!2013② »

こんな映画を観た!2013①

映像美は一見の価値あり

 せっかくの休日、冬だからといって家でぼけ~っとしていてはいけないと思い、カミさんと映画に行ったのである。スガイディノスにて「ライフ・オブ・パイ」を観たのである。

<口上>カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはひとり一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆☆

「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の画像1

« 酒を吞む。美味を食ふ2013② | トップページ | こんな映画を観た!2013② »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな映画を観た!2013①:

« 酒を吞む。美味を食ふ2013② | トップページ | こんな映画を観た!2013② »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31