最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まだまだ読むぞ2013㊲ | トップページ | まだまだ読むぞ2013㊳ »

三国一の昼飯野郎2013㉒ラーメン篇⑤

山嵐黒虎(1)=札幌市中央区南3条西1丁目

 なんだかんだって、結局、昼飯はラーメンが一番多いのかな。「ラーメン篇」はもう5回目だからな。

 狸小路を1丁目からつぶしていけば、かなりの数のラーメンが楽しめるのだ。

 というわけで、ここ。カウンターだけでトイレもない狭い店だが、完成度は高いぞ。

 まずは食券で「黒玉」を買い求める。850円である。

2013022014060000  「黒」とはトンコツと鶏をベースにしたスープに濃厚な背脂がチャッチャッチャとのっているのだ。「玉」は煮卵である。

 出てくるとき、店員が「よくかき混ぜてください」という。写真は出てきたときの状態だ。

 かき回すと、あら不思議、その背脂がスープに溶け出していく。

 麺は極太。それがスープによく絡む。チャーシューもよく煮込まれて、はしでほろり、と行くくらい柔らかい。

 何といっても、スープがすごい。最後まで飲み干したくなる。西洋料理のスープのようなイメージさえ脳裏に浮かんだ。絶品である。お勧めだ。

双子山評定:☆☆☆☆★

« まだまだ読むぞ2013㊲ | トップページ | まだまだ読むぞ2013㊳ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2013㉒ラーメン篇⑤:

« まだまだ読むぞ2013㊲ | トップページ | まだまだ読むぞ2013㊳ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31