最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎⑪うどん篇② | トップページ | 三国一のDVD野郎2013① »

三国一の宴会野郎2013①

「同志たちとしゃぶしゃぶを囲む」の巻

 1995年というからもう18年も前のことになるが、組合運動を1年間やった。そのときの同志たちとの会が「鬼牛会」という。折々に、飲むのだが、昨年末は総選挙の忙しさにかまけて忘年会が中止に。そのため、昨日25日に忘年会を開いたのである。

 参加者は私とヤンキイ、dog、ジータ、ズルシャモ、悪魔とあきちゃんのぶちゃんの8人。dogの知り合いが経営する「しゃぶしゃぶ酒家 しずく」(札幌市中央区南4条西3丁目、2Mビル7階)にて。

2013012518140000  美味かった! 白老牛やポーク、チキンが美味いのはいうまでもないのだが、ここがユニークなのは特性だれ7種類のうちから2種類がチョイスできること。私が頼んだのは「山ワサビ」と「あごだし」のたれ。特に山ワサビは絶品で、肉がなんぼでもいただけた。もちろん、芋焼酎もぐいぐいと進んだのである。

 気の置けない仲間と美味いものを食し、うまい酒を飲む。これこそが、人生の至福だね。

 閑話休題。鍋の具材をいろいろと差配するのが「鍋奉行」、アクを取るのに一生懸命なのが「悪代官」、何もしないで、煮えるのを待っているのが「町娘」、お勘定の時に出張るのが「勘定奉行」っていうんだって。知ってましたか?

« 三国一の昼飯野郎⑪うどん篇② | トップページ | 三国一のDVD野郎2013① »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

この日はお疲れ様でした。
私は悪代官をさせてもらったつもりですが、アクッて肉から出るのを初めて教えてもらいました。

お疲れさまでした!
美味かったし楽しかったですね!
次は「リバーサイド」へ襲撃だ(笑

ジータよ
じゃあアクは何から出ると思ってたの?

奉行より厳しい仕切り役が「鍋将軍」

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の宴会野郎2013①:

« 三国一の昼飯野郎⑪うどん篇② | トップページ | 三国一のDVD野郎2013① »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31