最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フリー・アズ・ア・バード2013① | トップページ | 旅を打つ2013① »

まだまだ読むぞ2013⑱

ちょっとえぐいか?

 垣根涼介のヒートアイランドシリーズ第3弾「サウダージ」を読む。日系ブラジル人の狂気の愛と、アキら現金強奪のプロフェッショナルが絡み合う異色作だ。

<口上>故郷を捨て、過去を消し、ひたすら悪事を働いてきた日系ブラジル人の高木耕一は、コロンビア人の出稼ぎ売春婦DDと出逢う。気分屋でアタマが悪く、金に汚い女。だが耕一はどうしようもなくDDに惹かれ、引き摺られていく。DDのために大金を獲ようと、耕一はかつて自分を捨てた仲間―裏金強奪のプロである柿沢に接触する。

<双子山の目>ちょっとえぐい描写が目立つ。クールさが身上の垣根涼介らしくないような気がする。セックスシーンもねちっこいし、死体処理の場面も、グロイ。

 しかしまあ、ストーリー的にはぐいぐいと引っ張る垣根節が通底している。日系ブラジル人と、現金強奪のプロの場面が交互に入れ替わり、緊迫感を醸し出す。

 だが、こんなバカな女とつきあっていたら、命がいくつあっても足りないぞ。

双子山評定:☆☆☆

サウダージ (文春文庫)

« フリー・アズ・ア・バード2013① | トップページ | 旅を打つ2013① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ読むぞ2013⑱:

« フリー・アズ・ア・バード2013① | トップページ | 旅を打つ2013① »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31