最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※165 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※167 »

三国一の読書野郎2012※166

盗犯の刑事に光を当てる

 三笠出身の作家・今野敏の最新作は「確証」だ。殺し・強行犯を相手にする一課の刑事ではなく、空き巣・泥棒・スリなどをカウンターパートナーにする盗犯刑事が主人公というのが目新しいところ。

<口上>盗犯を担当する警視庁捜査三課のベテラン刑事・萩尾と、その部下で、捜査一課に憧れを抱きつつも萩尾を慕う女性刑事・秋穂が強盗殺人事件の捜査で奮闘する長編警察小説。いま、もっとも旬な警察小説の書き手が満を持して放つ、シリーズ第一弾。

確証

<双子山の目>とにかく多作の今野敏だが、これはなかなか。ベテラン刑事と、女性刑事のコンビに血が通っている。地味かもしれないが、コツコツと続けていってほしいシリーズである。

双子山評定:☆☆☆

« 三国一の読書野郎2012※165 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※167 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※166:

« 三国一の読書野郎2012※165 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※167 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31