最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のけが野郎2012⑧ | トップページ | 三国一の読書野郎2012※165 »

三国一のラーメン野郎2012①

北海道らーめん奥原流 久楽=札幌市中央区北2条西1丁目

 「三国一の昼飯野郎2012」もマンネリ化してきたので、今後、ジャンル(ラーメンとか蕎麦とか定食とかカレーとか)に細分化して、展開していくことにした。そこで栄えあるラーメン分野の初っぱながここである。夏に東京に単身赴任していったターヒラにこの店を教えたら、「うまいっす」と喜んでいたな。

 足もようやく、よくなりつつあるので、えっちらこっちら、歩いて行く。風はすっかり、秋である。

  「匠のしょうゆ」をオーダー。730円である。サイドメニューとしてミニ丼も充実しているのだが、「炭水化物ON炭水化物」は身体に悪いと思って諦めた。

2012100413450000

 ここのラーメン、「匠」の冠がつかないラーメンは、中太麺でスープこってり系なのだが、匠となると麺が細い。そして何より、スープが和風というか極めてあっさりしているのが特徴のようだ。

 細麺は私としてはいまひとつなのだが、スープの繊細さには驚いた。ちょっと、物足りなさも残るのだが、ぐいぐい飲めてしまうスープなのである。

 具はワカメにチャーシュー、シナチク、海苔。ワカメが和風館を醸し出す。

 この値段なら、まあまあといったところではないか。堪能した。

双子山評定:☆☆☆★(5ツ☆が最高点です)

« 三国一のけが野郎2012⑧ | トップページ | 三国一の読書野郎2012※165 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一のラーメン野郎2012①:

« 三国一のけが野郎2012⑧ | トップページ | 三国一の読書野郎2012※165 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30