最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012※番外編 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※150 »

三国一の読書野郎2012※149

爽やかな少年たち

 北大出身の作家・佐川光晴の「おれたちの青空」。親と離れて札幌の施設で暮らす少年・少女たちが、たくましく、すがすがしく生きていくお話。とだけ書くと、何ともべたな物語のようだが、さにあらず。現代に生きる少年たちが直面する苦悩もきっちりと描いていると思う。

<口上>父親が服役中の陽介、虐待の記憶に苦しむスポーツ万能の卓也。札幌の児童養護施設「(ほうぼうしゃ)」に暮らす仲間も高校受験を控え、悩める時期を迎えている。ある大雪の朝、卓也は「家出」を敢行するが…(「小石のように」)他全3篇。高校進学への迷いと未来への希望―陽介と卓也に旅立ちの時が来た。第26回坪田譲治文学賞受賞作『おれのおばさん』に続く感動の青春小説。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆

おれたちの青空

« 三国一の昼飯野郎2012※番外編 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※150 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※149:

« 三国一の昼飯野郎2012※番外編 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※150 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31