最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※126 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012④ »

三国一の読書野郎2012※127

さすがのディーヴァー節が炸裂だっ!

 ジェフリー・ディーヴァーの最新刊は、ノン・シリーズもの。「追撃の森」である。一筋縄ではいかない作家の最右翼のディーヴァー、本作でも、大逆転のトリックでぐいぐい、引っ張る。ファンにはたまらぬ一冊に仕上がった。

<口上>通報で森の別荘を訪れた女性保安官補ブリンを殺し屋の銃撃が襲った。逃げ場なし―現場で出会った女を連れ、ブリンは深い森を走る。時は深夜。無線なし。援軍も望めない。二人の女vs二人の殺し屋。暁の死線に向け、知力を駆使した戦いが始まる。襲撃、反撃、逆転、再逆転。天才作家が腕によりをかけて描く超緊迫サスペンス。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆☆

追撃の森 (文春文庫)

« 三国一の読書野郎2012※126 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012④ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※127:

« 三国一の読書野郎2012※126 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012④ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31