最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のバーバー野郎2012① | トップページ | 三国一の読書野郎2012※132 »

三国一の読書野郎2012※131

悲しい恋のミステリ

 井上夢人というミステリ作家は、ひねり球が得意だ。直球勝負はしてこない。そんな作家の最新作は恋愛ミステリとでもいうべきものだった。「ラバーソウル」である。タイトルからも知られるように、ビートルズにやたら詳しい「もてない男」が編み上げる恋模様の行方は、あまりにも、悲しい。

<口上>洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、社会との繋がりだった鈴木誠。女性など無縁だった男が、美しいモデルに心を奪われた。偶然の積み重なりは、鈴木の車の助手席に、美縞絵里を座らせる。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆★

ラバー・ソウル

« 三国一のバーバー野郎2012① | トップページ | 三国一の読書野郎2012※132 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※131:

« 三国一のバーバー野郎2012① | トップページ | 三国一の読書野郎2012※132 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31