最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※140 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012⑤ »

三国一の昼飯野郎2012※番外編

「うまし! さすがの味である」の巻

 休みを利用してカミさんと岩内へ向かう。その途中の余市にて「柿崎商店海鮮工房」に入る。1階がスーパー、2階が食堂である。有名店らしい。

 食券を買って、テーブルに座り、料理ができるとその番号が呼ばれるというシステム。私はツブ・ホタテ丼、カミさんはマグロ丼だ。私は800円だったかな。マグロ丼は1000円オーバーだった。

2012082412000000  うまい。まず、ネタが良いね。新鮮である。貝のシャキシャキした歯触りは、そのことを証明している。

 ご飯もうまい。酢飯なのだが、新鮮なネタにぴったりだ。

 お昼少し前に入ったのだが、後から後から人が入ってくる。階段には行列ができている。人気店なのだ。まあ、この味を知ったら、忘れられんわな。

 駐車場はすぐに一杯になってしまうので、近くにある、町営駐車場に停めた方が無難である。老婆心ながら。

 

« 三国一の読書野郎2012※140 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012⑤ »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012※番外編:

« 三国一の読書野郎2012※140 | トップページ | 三国一のキャンプ野郎2012⑤ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31