最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※124 | トップページ | キタキツネで眠れない »

三国一の読書野郎2012※125

イギリス史は面白い

 ロンドン・オリンピックがあるからというわけではないのだが、イギリス史にちょっと関心があって、読んでみたのがコリン・ジョイスという知日家のライターが書いた「驚きの英国史」である。まあ、そんな驚くこともなかったけど。

<口上>「Keep Calm and Carry On(落ち着いて行動しましょう)」。第二次世界大戦中、市中に貼られたポスターのコピーは、イギリス人の「自画像」にぴたりと当てはまった。その国がなぜフォークランド紛争では、あれほど盛り上がってしまったのか。神話・伝説の時代から現代まで、イギリスの「今」を形づくってきた歴史の断片を丹念に拾い集め、その興味深い実像へと迫っていく。イギリスの現在を知る40のストーリー。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆

驚きの英国史 (NHK出版新書 380)

« 三国一の読書野郎2012※124 | トップページ | キタキツネで眠れない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※125:

« 三国一の読書野郎2012※124 | トップページ | キタキツネで眠れない »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31