最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012※54 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※98 »

三国一の組合野郎2012①

さらば、ヘイジよ、また逢う日まで

 かつて組合運動をやっていたころの同志、ヘイジが無事、還暦を迎えた。年金が出るまで、居残って働く人が多い中、ヘイジはすっぱりと会社を辞めるという。そんなヘイジを激励する会を8日夜、札幌市内で開いたのである。

 札幌在住の私、ジータ、スルシャモ、悪魔、dogに加え、函館からヤンキー-、ボンジー、panchoも参加。書記さん2人も加わり、さらには遅れてだが、小樽からモックンまでやってきた。賑やかな会となった。

2012060817520000

 組合をやっていたのは1995年から96年にかけて。17年前である。ヘイジ、当時43歳。私は37歳。月日の流れることのなんと早いことよ。時は流れ、みんな何かを失ってしまった。

 しかしヘイジ、その持ち前の明るい性格と植木等的な調子の良さで、ムードメーカーになっていた。彼がいなかったら、達成できなかった組合的イベントは多いのである。

 お元気に、ヘイジさん。「鬼牛会」のイベントには、お声かけしますから、是非に来てくださいね! また、逢いましょう!

« 三国一の昼飯野郎2012※54 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※98 »

革命」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした

ヘイジ、ちょっと飲みすぎていたようなのが心配でした。今度は9月。体調整えてきてほしいです。

みんな、確実に経年劣化する。
小樽アウトドアーズが楽しみだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の組合野郎2012①:

« 三国一の昼飯野郎2012※54 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※98 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30