最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一のロック野郎2012② | トップページ | 三国一のGP野郎2012④ »

三国一の読書野郎2012※111

何ともオフビートな

 「小野寺の弟・小野寺の姉」なる小説を読む。作者は西田征史。全く知らない人だ。しかし、けっこう、面白い小説なんだよ。ちょっとオフビートな、間が取りにくくて、関節を外されるような小説というか。

<口上>東京の片すみ、木造一軒家に二人で暮らす小野寺進と小野寺より子の姉弟。結構な歳だけど結婚できずにいる二人は、特別仲がよいわけでも、悪いわけでもないけれど、なんだか支えあって暮らしている。ある日、そんな小野寺家の郵便受けに間違って配達された一通の手紙。二人はその手紙を届けに行くことにするのだが―。引っ込み思案な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉の、さえないけれど、ささやかな幸せが香る日常を描いた物語。

<双子山の目>

双子山評定:☆☆☆★

小野寺の弟・小野寺の姉 (リンダブックス)

« 三国一のロック野郎2012② | トップページ | 三国一のGP野郎2012④ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※111:

« 三国一のロック野郎2012② | トップページ | 三国一のGP野郎2012④ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30