最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012※42 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※68 »

三国一の昼飯野郎2012※43

「味噌ラーメンと藤岡琢也」の巻

 札幌も暖かくなった。一時期はどうなることかと思ったが、今日はNHKの温度計が10度を表示しているではないか。コートもいらないほどだぜ。

 何を食べようかとなんかすると、さいとうビルの近くに新しくできたらしいラーメン屋を発見。札幌市中央区南2条西3丁目エルセントロビル2階「炎の味噌ラーメン 札幌 炎神」である。なんかずいぶん大仰に「味噌!」をアピールしている。道内産の原料を使っているのが売りらしい。

 ならば、と思い、食券で味噌ラーメンを購入。750円である。

2012041013280000

 どん。麺は中太か。具にキクラゲというのは、ちょっと珍しいかな。

 うむ、スープは凄い力がある。最初は、「白味噌を使ったみそ汁じゃん」と思っていたが、とんでもない。ぐいぐいと引っ張る力があるのだ。コクと甘みと、うまみ。三位一体となって食べるものの胸に迫る。

 いいじゃないか、味噌ラーメン。感心したぜ。

 ちなみに江戸っ子の私は、味噌ラーメンをほとんど食べない。まず、しょうゆである。

 と、いうのも、味噌ラーメンは藤岡琢也がCMをやっていた「札幌一番みそラーメン」のイメージが強すぎるのである。インスタントのイメージが。味噌ラーメンというと、藤岡琢也を思い出してしまうのである。

 来道してから食べた味噌ラーメンは2回ぐらいでは。一度は札幌に来て間もなくのラーメン横町、一度は昨年の味の三平である。今日が3回目な。

双子山評定:☆☆☆☆。スープは絶妙。記憶に残る

« 三国一の昼飯野郎2012※42 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※68 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012※43:

« 三国一の昼飯野郎2012※42 | トップページ | 三国一の読書野郎2012※68 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31