最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012※41 | トップページ | 三国一の美食野郎2012⑦ »

三国一の美食野郎2012⑥

そばで一杯。乙なもんです

 同期入社のOと一献、傾けることに。「たまには蕎麦屋で飲みてえなあ~」とリクエストされたので、かつて一度、行ったことがある札幌市中央区南1条西8丁目の「春桐」へ。電車通りに面した、野菜と蕎麦がおいしい店だ。

 私はビール、Oは「李白」の熱燗をやりながら。まずはタケノコの刺身。九州産だそうだ。淡いえぐみが、春を感じさせる。

2012040518400001

  途中、私も日本酒に切り替える。海老の天ぷらが出てくる。さくり、とした揚げ具合が絶妙である。熱いうちに食べるに限る。

2012040518490002

 小一時間も飲んだだろうか、締めは蕎麦である。田舎風の胡桃挽きそば。そばつゆは鰹節が利いている。うまい。

2012040519070001

 このあと、Oがボトルを入れているというグランドホテルのバーにて1時間弱、飲んでから解散する。「君子の交わり、淡きこと水の如し」。東京都立両国高校の同窓会は、この故事にちなみ「淡交会」というそうだ。

« 三国一の昼飯野郎2012※41 | トップページ | 三国一の美食野郎2012⑦ »

酒と美食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の美食野郎2012⑥:

« 三国一の昼飯野郎2012※41 | トップページ | 三国一の美食野郎2012⑦ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31