最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※64 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※40 »

三国一の読書野郎2012※65

ありきたりの警察小説、みたいな

 堂場瞬一と中場利一の区別が付かない。堂場は警察小説で、中場は岸和田ものか? 違うか?まあ、でも、ありきたりの警察小説で新味はない。設定も、ストーリーテリングも、結末も、意外性も。残念だなあ。

<口上>東京近郊の長浦市で発生した二つの殺人事件。無関係かと思われた事件に意外な接点が見つかった。容疑者の男女が同郷出身の同級生で、二人は故郷で出会っていたのだ。容疑者は振り込め詐欺グループのリーダー日向毅雄と、シングルマザーの井沢真菜。やがて海外逃亡を企てる二人を追い、県警捜査一課の澤村慶司は雪深き東北へ向かうが…。

歪

« 三国一の読書野郎2012※64 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※40 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※65:

« 三国一の読書野郎2012※64 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※40 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31