最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の昼飯野郎2012※36 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※37 »

三国一の読書野郎2012※54

異様な世界に

 飴村行「粘膜戦士」を読む。異様な世界観である。古くさい、悪夢のような。例えようにない、世界観を構築しているこの作家は、たいしたものである。

<口上>占領下の東南アジアの小国ナムールで、大佐から究極の命令を下された軍曹。抗日ゲリラ、ルミン・シルタと交戦中、重傷を負い人体改造された帰還兵。複雑な家庭事情を抱え想像を絶する悲劇に見舞われる爬虫人好きの無垢な少年。陸軍省の機密書類を盗み出そうとして捕らわれた2人の抗日分子。そして安住の地を求めて山奥に辿り着いた脱走兵…。戦時下で起こる不可思議な事件。目眩く謎と恐怖が迫る、奇跡のミステリ・ホラー。

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

« 三国一の昼飯野郎2012※36 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※37 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の読書野郎2012※54:

« 三国一の昼飯野郎2012※36 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※37 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31