最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国一の読書野郎2012※39 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※31 »

三国一の昼飯野郎2012※30

「やがて寂しきハンバーガー」の巻

 店に入って食すのが面倒くさくなるときがままある。勢い、コンビニ飯かマクドナルド派ということになるわけだ。きょうは、特に食べたくなるわけでもなかったのだが、何となく、札幌市中央区大通西1丁目地下街オーロラタウンのマクドナルドに入ってしまった。「ブロードウェイバーガー」なるもののセットとナゲットで840円だったか。

2012022114100000  食べて必ず、後悔する。「おいしい」と思った記憶はない。ナントカバーガーだって、それほど珍しいものではないし、ポテトは油っぽくて胸焼けするし。それなのに、またいつか、買い求めてしまうのである。なぜだ?

 気持ちもいつか、落ち込んでしまうのである。やがて寂しきハンバーガーなのである。ならば、食べなければいいのにね。

双子山評定:☆☆。まあ、ナゲットはそこそこうまい気もするのだが

 

« 三国一の読書野郎2012※39 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※31 »

昼食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国一の昼飯野郎2012※30:

« 三国一の読書野郎2012※39 | トップページ | 三国一の昼飯野郎2012※31 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31